「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

現代社会において、「セックスレス」は日本のカップルの半数以上に影響を及ぼしていると言われており、多くの方々が「セックスレスの解消方法」に頭を悩ませています。残念ながら、セックスレスを解消するための一つの確実な方法が全ての人に当てはまるわけではなく、各カップルにとって有効なアプローチ、機会、またはタイミングは千差万別です。

この文脈で、夫側に問題があると特定されたカップルの事例を詳細に分析してみると、セックスレスを克服するための様々なきっかけが浮かび上がってきます。ここでは、そうした事例を基に、セックスレスを解消へと導いた具体的なきっかけについて解説します。

1,妻が再び「女性」として輝き始めた

Aさんは、職場で出会った数十人の同期の中でも際立って美しいNさんと結婚しました。周りの羨望の眼差しを一身に受けながら、二人は幸福な新婚生活をスタートさせました。しかし、子どもを二人出産した後、Nさんの外見には大きな変化がありました。出産前と比較して体重が約30キロ増加し、以前の繊細な雰囲気は見られなくなり、むしろ堂々とした「肝っ玉母さん」へと変貌を遂げました。筋肉質のAさんは、「妻の変化した体型を目の当たりにすると、かつて抱いていた情熱が湧かなくなってしまった」と語ります。

この状態は約5年間続きましたが、変化のきっかけはNさんが受けた健康診断の結果でした。「このままでは健康に問題が出る」という医師の忠告を受け、Nさんはダイエットに取り組み、1年かけて28キロの減量に成功し、かつてのスリムな姿を取り戻しました。

Nさんがもともと持っていた美貌が再び周囲の注目を集めるようになり、Aさんは「美しい妻が他の男性から注目されることに嫉妬し、再び彼女を独占したい」という感情が芽生えました。これがセックスレス解消へと繋がったのです。

2,会えない時間が愛情と欲望を育む

Bさんは、「妻には専業主婦として家を守ってほしい」と考えていましたが、これは今日の価値観ではやや古風な思いかもしれません。しかし、Bさんの考えに従い、妻Rさんは長年専業主婦として生活してきました。

Bさんは自身を性的に淡白な人間だと考えており、忙しい仕事のために睡眠を優先していた結果、気づけば妻との関係はセックスレスに陥っていました。

変化が訪れたのは、Bさんの父が病気になり、家族経営の洋菓子店を継ぐかどうかの大きな決断を迫られた時でした。それまで夫の意見に従ってきたRさんが、初めて「洋菓子店を引き継ぎたい」と強く希望を表明しました。子どもたちも成長し、実家の店を守りたいという未練もあり、BさんはRさんの提案を受け入れました。

Rさんは週に半分は実家で店を経営し、残りの半分は家で家事と子育てに専念するという新しい生活スタイルを始めました。Bさんは、「妻がこんなにも積極的に努力し、楽しく働いている姿を見たことがなかった」と感心しました。店の経営や新商品開発についての会話が増えるなど、夫婦間のコミュニケーションも活発になりました。

「今までは毎晩一緒に過ごすことが当たり前で、“いつでもセックスできる”と思っていましたが、妻と一緒に寝る機会が減ってしまうと、“今夜しなければ、この週はもうチャンスがない”と感じるようになりました」とBさんは語ります。この意識の変化が、セックスレスを解消するきっかけとなりました。

会えない時間が増えたことで、互いの存在の大切さを再認識し、一緒にいる時間の価値をより深く感じるようになったBさんとRさん夫妻。実際に会える機会が限られてくると、それまで当たり前だと思っていた夫婦の営みへの欲求が高まり、以前にも増して互いに寄り添う関係を築くことができたのです。このように、物理的な距離が心理的な絆を強め、セックスレスの問題を克服する一助となりました。

3,思い出の場所

Cさんは、セックスレスの始まりとなったあの日のことを鮮明に覚えています。「結婚10周年の記念に、私たちが結婚式を挙げたあのホテルに宿泊した際、Uさんが平然とセックスを断ったことで、深く傷ついたんです」。

記念すべき日、記念すべき場所で、「面倒くさい」という一言で拒絶されたことに、Cさんはプライドを傷つけられ、悲しみを感じ、「これからは絶対に妻を誘わない」と心に決めました。

その後2年間、セックスレスが続いていたCさん夫妻ですが、解決の糸口となったのは再び「結婚式を挙げたホテル」での出来事でした。今度はUさんから「話がある」ということで、同じホテルでの食事に誘われたのです。

食事の席で、Uさんは2年前の夜の行動を涙ながらに謝罪しました。「あの夜は、実は飲み過ぎて気分が悪くて…本当は吐きそうだったの。でも、それを素直に伝える勇気がなくて、うっかり『面倒くさい』と言ってしまったの。あなたを傷つけてしまって、本当にごめんなさい。もう一度、私を抱いてくれますか?」と。この心からの謝罪が、2年間のわだかまりを解消し、セックスレスの問題を解決に導きました。

4,プライドやこだわりを捨てられた

Dさんは40代後半で、最近ED(勃起不全)に悩んでいます。40代前半から時折、性行為の途中で勃起が維持できなくなることがあり、妻のSさんからは「一度医師の診察を受けてはどうか」と勧められていましたが、恥ずかしさから一歩が踏み出せずにいました。

以前は週に一度のペースで夫婦の営みがありましたが、Dさんの勃起に対する不安から次第に頻度が減り、一昨年には月に一度、去年に至ってはほぼセックスレスの状態に。「妻を失望させた」という感覚が、Dさんの心を重くしていました。

変化が訪れたのは、二人が旅行で訪れた宿に貸切露天風呂があったことです。久しぶりに二人で裸のまま湯船に浸かると、自然と身体が触れ合い、その後の室内での愛撫やオーラルセックスを通じて、二人は新たな形での性的な満足を見出しました。

Dさんは、「挿入だけがセックスではないことに気づきました。自分たちの性の喜びを再発見することができました」と振り返ります。この経験を通して、Dさんは、性行為に対する従来の固定観念を手放し、勃起することに固執する必要がないことを理解しました。それは、男性としてのプライドや自我を超えた、もっと包容力のある性愛のあり方を受け入れることでした。

「それからの私たちは、さまざまな形での性的な喜びを探求しています。オーラルセックスや愛撫だけでなく、互いの身体をじっくりと感じ合う時間を持つことで、より深い絆と満足感を感じるようになりました」とDさんは言います。セックスレスを解消するきっかけは、結局のところ、自己受容と相手への理解から生まれたと言えるでしょう。

これらの事例から、セックスレスの解消に向けた第一歩は、通常、直面する課題や不安に対してオープンであること、そして、伴侶との間で正直かつ建設的な対話を持つことの重要性が浮き彫りになります。また、性に関する固定観念や期待を超えて、お互いの身体的および感情的なニーズに敏感であることが、充実した性生活への鍵となることが示されています。

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!