「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!


「不倫」という言葉を耳にしたとき、多くの人がまず思い浮かべるのは、配偶者やパートナー以外の誰かとの性的な関係です。しかし、不倫には性的な側面だけではない様々な形が存在すると、心理療法士でありセックス&リレーションシップの専門家が語ります。

確かに、不倫にはしばしば身体的な関係が含まれます。例えば、一夫一婦制を基盤とする結婚という契約の下で、他の人と性的な経験を共有する行為は、一般的に浮気と見なされます。

しかし、「不倫という行為は、単に性的なパートナーの数に関するものだけではない」と強調します。「あなたが現在のパートナーとの間にあるロマンチックな関係や、感情的、あるいは知的な結びつきを損なう行為もまた、不倫と見なすことができるのです」と彼女は述べています。つまり、身体的な不倫だけでなく、恋愛的な関係における浮気、感情的な浮気、知的な浮気、そしてサイバー空間での浮気も、全て不倫の範疇に入るというわけです。

不倫とはどういう事

「不倫とは、あなたがパートナーと交わした約束や合意、そしてお互いに対するコミットメントに違反するどんな行為も含まれます」と語ります。これを端的に表現すれば、それは裏切りの一形態です。

この文脈で指摘されるべき問題点は、多くの人々が自分自身とパートナーとの関係における公平性に関して、明確な定義や基準を持っているとは限らないということです。しかしながら、実際には、多くの人がそのような定義を真剣に考えたことがない可能性があります。

たとえそのような定義について考えたことがなかったとしても、あなたが無意識のうちに浮気をしてしまっている可能性があります。

さらに説明すると、「もしもあなたがパートナーに隠す必要がある何かをしているのであれば、またはパートナーが隣にいる時には共にしない、話し合わないような行為をしているのであれば、それはあなたが浮気の一線を越えてしまっている明確な兆候です」。このように、パートナーとの信頼関係を損ねる行為、秘密を抱え込むこと、そしてパートナーを避けて行うあらゆる活動は、不倫の典型的なサインと言えるのです。

不倫の主な5つのタイプとは?

1.性的な不倫

性的な不倫は、一般的に人々が思い浮かべる不倫の典型的な形態です。これには、婚前の性的関係、秘密のホテルでの逢瀬、電話での性的な会話、さらにはテーブルの下でこっそりと手をつなぐなど、あらゆる性的な行為が含まれます。

専門家は、一夫一婦制の関係にある人だけが性的な不貞を犯すわけではないと指摘しています。実際には、どんな人でも不貞を犯す可能性があり、それはあなた自身の性に関するルールや、パートナーに対して隠している情報があるかどうかに依存します。

2.感情的な不倫

感情的な不倫は、物理的な接触が伴わない浮気としても知られており、「感情の絆」という概念に基づいています。この考え方の背後には、配偶者やパートナー以外の人と感情的な結びつきを持つことができないという時代遅れの観念があり、このために問題視されることがあります。専門家によると、実際には、人はパートナー以外の人とも感情的な結びつきを持つことが可能であり、そうあるべきです。

感情的な不倫は、自分の感情的なエネルギーをパートナー以外の誰かに注ぎ込むとき、またはパートナー以外の人に対して深い欲望や憧れ、愛情を抱くときに生じると専門家は説明します。これには、職場の親しい同僚としての職場で夫のように親しい男性や職場で妻のように親しい女性として、パートナーには伝えずに新しいキャリアの成功を祝ったり、他の人を好意的に思ったり、デートに誘ったりする行為などが含まれます。これらの行為はすべて、性的な不倫に発展する可能性があります。

3.ロマンチックな恋愛的不倫

ロマンチックな不倫は、パートナー以外の人とロマンチックな関係を持つことから生じる特別なタイプの浮気です。専門家によれば、ロマンスの定義は人それぞれ異なりますが、一般的には、誰かとデートしたり、親密な関係を築いたりする行為が含まれます。もしパートナー以外の人とこれらの行為を行っている場合、それはロマンチックな不倫に該当します。

4.知的な不倫

知的な不倫は、コミュニケーション、政治的信条、価値観、知的探求など、共通の興味や哲学をパートナー以外の人と共有することから生じます。これは、パートナーを排除して第三者とこれらを共有すると、エネルギーがパートナーから離れてしまうため、不倫の一形態となり得ます。

5.サイバー不倫

サイバー不倫は、ソーシャルメディア、テキストメッセージ、その他のオンラインプラットフォームを通じて行われるデジタル上の浮気です。これには、ホテルでの密会の代わりにセクシーな写真やビデオの交換、FacebookやSnapchatでの長時間のチャットなどが含まれることがあります。

重要な点として、サイバー不倫が常に性的なニュアンスを含むわけではないことを強調しておきたいです。例えば、誰かに「おはよう」というメッセージを送る、仕事の後に電話でその日の出来事を共有する、写真をメールで送るなどの行為もサイバー不倫に含まれることがあります。これらは感情的な不倫のサインである可能性もあり、不倫の種類には多くの重複があるため、多くの場合においていくつかの形態が同時に発生することがあります。

「もし、あなたがオンラインや携帯電話を通じて誰かと連絡を取り合っている場合、それはサイバー不倫と見なされるかもしれません」ということを覚えておくことが重要です。サイバー不倫は、パートナーや配偶者にはない特別なつながりや興奮を提供することがあり、これによってリアルな関係が損なわれる可能性があります。

結局のところ、不倫の形態は多岐にわたり、それぞれが関係に与える影響は大きく異なります。感情的な絆から性的な関係、知的な交流に至るまで、パートナー以外の人とのあらゆる種類の密接な関係が、コミットメントしたパートナーシップの基盤を揺るがす可能性があります。重要なのは、パートナーとの関係において透明性を保ち、互いの信頼を守ることです。

なぜ人は浮気をするのか?

浮気に至る背景には、実に様々な動機や理由が存在します。場合によっては、人々がロマンチックや性的な関係において満たされない感じを抱えていることが浮気の動機となることもあります。しかし、それだけではなく、個人が抱える解決されていない心の傷や、名前をつけられない感情、または自分自身でも理解できないような深い欲望から浮気に走ることも少なくありません。例えば、コミットメントへの恐れを感じることや、自らの成長過程で一方の親がもう一方を裏切る様子を目の当たりにした経験が、パートナーに対する裏切り行為へと繋がる可能性もあります。

しかし、ここで忘れてはならないのは、仮に誰かが浮気をしたとしても、それがパートナーの責任であるわけではなく、また、パートナーが何かが足りないというわけでもないという事実です。

「もしもあなたが浮気をされたとしても、それは決してあなたの責任ではありません!」ということを強く心に留めておくべきです。この言葉は、浮気の経験をした人々にとって、自己責任の感覚に苛まれることなく、事態を理解し、前に進むための重要なポイントとなります。浮気は、行動を選択した個人の内面的な問題や葛藤に起因するものであり、パートナーシップの質やパートナーの価値を測る尺度ではありません。