“既婚者の中で浮気をする人の割合はどれほどいるのでしょうか?”  ”不倫に手を出しやすい既婚男性には共通点が存在するのでしょうか?”

結婚生活を送りながらも、浮気に足を踏み入れる人がいるのは現実です。具体的に、どれほどの割合の人が浮気をしているのか、興味を持っている方は少なくないでしょう。

浮気をする既婚男性の特徴にも触れていきます。 

浮気率は約20%

浮気率が約5人に1人という興味深い統計が、相模ゴム工業株式会社の調査から明らかになりました。これは、結婚や交際中の人たちの中で、浮気の経験がある人が全体の約20%を占めていることを示しています。

具体的に男性に目を向けると、20代から40代の間で浮気の割合は平均して30%程になり、このうち20代の男性が27.6%と最も高い割合を記録しています。多くの回答者は特定の浮気相手がいると回答しており、その中には複数の浮気相手がいる、または特定の相手はいないが性的関係を持っているという人もいました。

具体的な数値としては、20代から40代の男性で「結婚相手や交際相手以外に性的関係を持つ特定の相手が1名いる」と回答した割合は平均で19.1%、「複数の相手がいる」と回答したのは平均で4.7%、「特定の相手はいないが関係を持っている」との回答は平均で6.3%でした。これらの数値から、20代から40代の男性の約3割が結婚や交際相手以外と性的関係を持っていることがわかります。

一方で女性の浮気率は、男性よりも低く約15%とされています。特に30代の女性の中でこの割合は高く、約18%が交際相手や結婚相手がいるにも関わらず別の人と性的関係を持っています。

浮気相手との性行為の頻度については、浮気をしている男女共に月に2回以上と報告されています。既婚者と未婚者で区分けすると、結婚している人たちは不倫相手との性行為が月平均で2.3回、未婚だが交際相手がいる人たちは平均で3.1回となっています。これは、男性が平均で2.7回、女性が平均で2.1回と、男性がやや多いことを示しています。

既婚者が浮気する理由

既婚者が予想以上に浮気をすることに、驚かれた方も少なくないでしょう。それでは、なぜ結婚をしているにもかかわらず、人はなぜ浮気に手を出してしまうのでしょうか。ここでは、その背後にある理由を深堀りしてみましょう。

配偶者とのセックスレス

多くの既婚者が、配偶者との性的関係が希薄になり、他の誰かとその欠けている部分を満たそうと浮気へと走ります。長い夫婦生活を送る中で、関係の新鮮さが薄れ、自然と性的な関係の頻度が減少することは決して珍しいことではありません。しかし、これは性欲が消失したわけではなく、単に別の場所でそれを満たそうとするだけです。

結婚生活の刺激不足

結婚後に生活が一定のリズムに落ち着き、かつての恋愛時代のような刺激やドキドキ感が失われてしまいます。安定した家庭生活の中で、恋愛時代のような興奮を再び感じたいという願望が、一部の人々を浮気へと駆り立てます。特に既婚男性において、このスリルや禁断感を追い求める傾向が見られます。

自己確認としての浮気

「女性としての魅力」や「男性としての魅力」を再確認したい、という動機で異性との関係を求める人もいます。結婚生活の中で、パートナーからは性別を超えた存在、例えば「母親」や「父親」として扱われ、異性としての扱いを受けなくなることは少なくありません。このような状況は、自信を取り戻したい、まだ魅力的であるかを確かめたいという欲求を生み出します。

家庭内の問題と不満

家庭内で抱えるさまざまな問題や不満が、逃避行動としての浮気へとつながることがあります。女性の場合は特に、精神的なサポートを求めて心の浮気をすることがあり、「優しい男性」との出会いが、そのような行動へと導くことがあります。夫婦間の頻繁な喧嘩、モラルハラスメント、あるいはパートナー自身の浮気など、浮気へと走る背景には様々な原因が存在します。

これらの理由から、既婚者が浮気の道を選ぶことがあるのです。

浮気の可能性が高い既婚男性の行動とは

既婚男性の中には、統計にもあるように、浮気をする人が一定数存在しますが、多くの場合、その行動パターンから浮気の兆候を察知することができます。男性は細部にまで注意を払わないことが多く、その結果として、浮気が露見することがしばしばあります。

以下に、浮気をしている可能性が高い既婚男性の典型的な行動をご紹介します。

帰宅時間が遅くなる

浮気をしている男性は、様々な理由をつけて帰宅が遅くなる傾向にあります。たとえば、「残業がある」や「同僚と飲みに行っている」といった、夜遅く帰宅することを正当化する口実を頻繁に使います。

実際に、仕事が理由で遅くなると伝えられたものの、後に調査の結果、浮気が明らかになる事例は珍しくありません。

スマートフォンを常に携帯する

浮気を始めた既婚男性は、奥さんに見つからないよう、または浮気相手とのやり取りを逃さないために、家の中でスマートフォンを手放さなくなります。これは、浮気相手との連絡を秘密裏に楽しんでいるサインかもしれません。

浴室やトイレにまでスマートフォンを持ち込む行動が見られたら、浮気を疑うべきでしょう。

支出が増える

既婚男性の支出が増加している場合、それは浮気の兆候である可能性が高いです。浮気には食事代、ホテル代、贈り物代など、思ったよりも多くの費用がかかります。

最近、夫の使い道が不明な出費が増えていると感じたら、それが浮気の証拠であることが報告されています。

配偶者との性的関係が減少する

定期的に浮気相手と性行為をしている場合、自宅で配偶者との性行為の回数は相対的に減少します。他で性的欲求を満たしているため、家庭での性行為に対する欲求が低下するのです。

この現象は、浮気相手との身体的な相性が良いことを示唆しているかもしれません。

文句や不満が増える

浮気相手に夢中になると、既婚男性は自宅で配偶者への不満や文句を口にすることが増えます。浮気相手と比較してしまい、配偶者の短所を指摘するようになるのです。

人は常に持っていないものを求めがちであり、配偶者とは異なるタイプの人に惹かれる可能性があります。

既婚男性が本気になってしまう女性の特徴とは?

結婚生活を送る中で、配偶者以外の女性に心を奪われてしまう既婚男性がいることは決して珍しくありません。一部の男性は元々の浮気性が原因であることも考えられますが、特定のタイプの女性に対して本気になりがちな共通の特徴が存在します。

以下、既婚男性が本気で惹かれる女性の特徴に焦点を当ててみましょう。

配偶者にはない魅力を持っている

既婚男性は、配偶者にはない特別な魅力を持つ女性に心惹かれることが多いです。自分の配偶者とは異なるタイプの女性に対して、新鮮な魅力を感じるためです。

家庭生活における不満が積もっている場合、男性は配偶者と浮気相手を無意識に比較してしまう傾向があります。

追いかけさせるテクニックを駆使する

男性をうまく追わせることができる女性は、既婚男性が熱中しやすいタイプです。容易に手に入らない女性であるほど、追求する本能が刺激されます。

結婚生活がマンネリ化してくると、このような駆け引きを楽しむ女性との恋愛が、男性にとって魅力的に感じられるのです。

色気や美しさを兼ね備えている

既婚男性は、色気や美しさを持つ女性に対して弱いことがよくあります。配偶者が育児や家事に忙しく、自分の美しさや魅力を磨くことに時間を割けなくなるケースは少なくありません。

本来であれば、夫としてそのような状況に対して理解と支援を示すべきですが、残念ながら他の女性に目を向けてしまう既婚男性も存在します。

理解者であると感じさせる

既婚男性が自身を理解してくれる女性を見つけた場合、その女性との別れを惜しむようになります。結婚後に家庭内での居場所を失ったと感じる男性は多く、心の支えを外で求めることもあります。

状況を理解し、心の平安や安心感を提供してくれる女性は、離れがたい存在となるのです。

まとめ

この記事では、既婚者の浮気率と、既婚者がなぜ浮気に走るのかについて詳細に分析しました。データをもとにして、一部の既婚者が他の人と密接な関係を築いている事実を明らかにしました。人によっては、この浮気率を高いと感じるかもしれませんし、低いと感じるかもしれませんが、確かに一定数の既婚者が他者と関わりを持っています。

浮気に至る理由は多岐にわたります。既婚者自身に問題がある場合もあれば、浮気の相手となる女性が特に魅力的であることが原因となることもあります。さらに、中には既婚者との関係が本気になり、相手に離婚して自分と一緒になることを望む人もいるかもしれません。

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!