「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

結婚した後、既婚者ははもう恋愛してはいけないのか?

結婚を果たした後、既婚者が再び恋愛の渦中に身を投じることは、果たして許されるべき行為なのでしょうか?結婚の決断を下した当初、多くの人が幸福感に満ち溢れていたことは間違いありません。

日本の法制度の下では、既婚者が別の異性と肉体関係を持つことは、基本的に禁忌とされています。不倫、言い換えれば倫理に反する行為として、民法では不貞行為として扱われるのが一般的です。

しかし、恋心というものはそう簡単に制御できるものではなく、どんな人にでも起こり得る現象です。心の奥底まで束縛することはできないのが現実で、結婚しているとしても、別の誰かに対して恋愛感情を抱くことは決して珍しいことではありません。

既婚者が他者に恋心を寄せること、または特定の相手がいなくとも「恋愛がしたい」という感情が芽生えることは、一体どのような心理状態に基づいているのでしょうか?

現実逃避の恋愛?

恋愛感情のコントロールは困難であり、世の中から不倫や浮気が絶えない理由の一つに、感情を理性で完全に抑制できないことが挙げられます。恋心の衝動は、時に罪悪感さえも乗り越えてしまうほど強烈です。

夫婦間の不和が原因で外に心を移してしまうケースもありますが、仲が良好であっても、予期せぬ出会いによって急激に恋に落ちてしまうこともあります。

社会に生きている限り、結婚後も新たな出会いを完全に避けることは不可能です。しかし、異性との親密な関係が進展するのは極めて稀であり、どんな不倫や浮気も、行為者がそれを「間違っている」と認識している上で自ら一歩を踏み出しています。

では、純粋に恋心だけの場合はどうでしょうか?この場合、基本的には不貞行為には該当しませんが、法律の問題を超え、配偶者が自分以外の人に心を奪われていると知った時の感情は複雑でしょう。

そして、その恋心が衝動に駆られてエスカレートする前に、自分自身の心の動きを見つめ直し、理性的に考えることは、成熟した大人としての必要な行動です。

結婚後も「恋がしたい」、は普通なこと

恋愛を望むのは、恋する喜びを知っているからに他なりません。恋のときめきが薄れた代わりに、多くの大切なものを手に入れていますが、それは一瞬の感情で全てを失うかもしれません。

既婚者であっても、「恋がしたい」という願望の背後には、もう一度結婚をしてからも、既婚者が恋愛をしてはならないのかという問いに直面することがあります。結婚の初期段階では、幸せの絶頂にいるかのように感じるものですが、日本の法律では、既婚者が他の異性と不貞行為、すなわち肉体関係を持つことは、基本的に禁止されています。不倫は文字通り「倫理に反する」とみなされ、民法上もこのような行為を認めていません。

しかしながら、恋愛感情はそう簡単に制御できるものではなく、誰にでも予期せぬ形で訪れる可能性があります。心の動きは簡単には制約できず、たとえ結婚していたとしても、他の誰かに対して恋愛感情を抱くことは、現実に起こり得ることです。

既婚者が他者に恋心を抱いたり、特定の相手がいなくても恋愛をしたいという感情が湧き上がる背景には、どのような心理があるのでしょうか。この恋愛感情は、現実逃避の一形態なのでしょうか。

恋愛感情のコントロールは難しいものであり、この感情の強さが、時には罪悪感をも乗り越えてしまうほどです。夫婦関係が不調で、外部に目を向けることで心変わりが起こることもありますが、夫婦仲が良好であっても、突然の恋に落ちることはあります。生活の中で新しい出会いを完全に避けることは不可能です。

しかし、異性との出会いが恋愛へと発展する可能性は非常に低く、仲良くなったとしても「友達以上」に進展するには、意志の力が必要です。つまり、浮気や不倫は、行為者が「悪いこと」と知りつつも、自ら進んで関わっているのです。

ただ、物理的な関係を持たずに感じる「恋心」については、法律的には不貞行為には当たりませんが、配偶者が自分以外の人に恋心を寄せていることを知れば、複雑な感情を抱くでしょう。そして、この恋心が行動に移る前に、自分の心の変化を見つめ直し、理性を保つことは大人としての責任です。

結婚後も「恋をしたい」と願うのは、恋愛の楽しさを知っているからです。恋のときめきが薄れた代わりに、家族としての大切な絆を得ていますが、それを一瞬の感情で失うリスクがあります。もし「もう配偶者のことを愛せない」と感じるほど気持ちが離れてしまっているなら、現在の関係と引き換えにする決意が求められます。感情に流される前に、本当に求めているものが何か、自問自答することが重要です。

この自問自答の中で、リスクを許容できる範囲で婚外恋愛をすることは一つの幸せの選択肢でもあります。恋愛は自由で合ってよいという価値観、考え方もあるのです。

既婚者専用マッチングアプリの詳細はこちら

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!