浮気に対する見解は人それぞれ異なり、一部の人々はそれを犯罪行為と同等に見なしています。このような意見は、特にソーシャルメディア上で頻繁に目にすることができます。実際に、昨日車を運転しながら彼氏と深い会話をしていた際に、彼は興味深い見解を示しました。彼によれば、結婚していない場合、法的には何の罪も問われないかもしれないが、恋人がいるにもかかわらず背信行為として浮気をする人々は、事実上犯罪者と何ら変わりはないとのことです。彼の言葉を借りれば、「浮気をする者は全員犯罪者である」というわけです。

このような強い意見を持つ人々の中には、上記の方のように、自分の恋人や婚約者が浮気をしていることが発覚した際に、深いショックと裏切られた感情を抱く方もいるでしょう。彼らは、受けた精神的な傷害に対して、何らかの形で損害賠償を求めたいと考えるかもしれません。一部には、法的に何らかの罰を与えるべきだと強く願う声もあるでしょう。

しかしながら、現実には浮気は犯罪として取り扱われることはなく、罰金や懲役などの刑事罰を受けることはありません。それでも、民事訴訟の枠組み内で、浮気行為が不法行為として認識される可能性はあり、その結果、慰謝料の支払い義務が発生するケースが存在します。

この記事では、浮気がなぜ犯罪として認定されないのか、また、どのような状況で浮気が民事上の不法行為に該当し、慰謝料を請求することができるのかについて、詳細にわたり解説しています。浮気をされていると疑っている方、またはご友人が浮気の被害に遭っている可能性がある場合、この記事が有益な情報を提供し、サポートすることでしょう。

現代の日本では浮気は犯罪ではない

姦通罪という重罪だった時代も

現代の日本社会において、浮気行為は法的に犯罪として扱われることはありません。しかしながら、歴史を遡ると、江戸時代から昭和初期にかけて、姦通罪と呼ばれる重大な犯罪が存在していました。この時代における姦通罪は、特に有名な詩人である北原白秋が姦通罪で訴えられた事例があるなど、その時代の風潮を物語っています。

姦通罪とは、現代でいう不貞行為を指し、既婚者が他の人物と性的関係を持つことで成立する犯罪でした。この犯罪に対する刑罰は、江戸時代においては非常に厳しく、関係を持った両者に死罪が適用されることも珍しくありませんでした。更に、その時代には、配偶者と不貞行為を行った相手を殺害しても、法的な罪に問われないという驚くべき規定も存在していました。これは、当時の社会における貞操に対する厳格な義務感の表れとも言えるでしょう。

しかし、第二次世界大戦後の昭和22年に実施された刑法の改正により、姦通罪は廃止されることになりました。これにより、日本における浮気行為は法的な犯罪としては扱われなくなったのです。

現代、浮気が犯罪になる国も

一方で、世界に目を向ければ、現代でも浮気(姦通)が犯罪とされている国や地域が存在します。例えば、ナイジェリアやフィリピンのような国々では今も浮気が法律によって禁じられており、イスラム国家の中には、姦通を重罪と見なし、最悪の場合死刑に処されることもあると言われています。

浮気が犯罪になる国は少ない

しかし、全世界を見渡した場合、姦通罪を維持している国は明らかに少数派です。実際に、台湾では2020年に姦通罪が廃止されたことがその一例として挙げられます。

このように、時代と共に浮気に対する法的な扱いは大きく変化してきました。次のセクションでは、現代の日本における浮気がどのような状況で不法行為と見なされ、慰謝料の請求が可能になるのかについて、詳しく解説していきます。

浮気は犯罪にはならないが不法行為になりうる

日本国内における法的枠組みのもとでは、婚約者の浮気は刑事罰の対象となる犯罪ではありませんが、民事上の不法行為として認識される可能性があります。具体的には、配偶者が存在する状況下で他の人物と性的関係を持つ行為、一般に不倫と呼ばれるこの行為は、法律上の不法行為に該当する可能性が高いのです。

犯罪と不法行為はどう違う?

初めに、犯罪と不法行為の概念について触れておくことが重要です。犯罪とは、国の法律に違反する行為であり、それに対して刑事罰が科されるものを指します。一方で、不法行為とは、他人の権利や法律で保護されている利益を違法に侵害する行為をさします。この違いは、刑事上の責任と民事上の責任という異なる法的責任の区分に基づいています。つまり、刑事上犯罪に問われない行為であっても、民事上では不法行為として責任を問われる可能性があるのです。

日本の現行法では、浮気(不貞行為)は犯罪とは見なされていませんが、配偶者としての権利を侵害する行為として、不法行為の範疇に入ることがあります。民法の第七百九条と第七百十条には、故意または過失によって他人の権利または法律上保護される利益を侵害した者は、それによって生じた損害を賠償する責任があることが明記されています。これにより、浮気が配偶者の権利を侵害する行為とみなされた場合、損害賠償の責任が発生することになります。

浮気が不法行為になるワケ

浮気が不法行為と見なされる主な理由は、婚姻関係にある夫婦間で期待される平穏な共同生活を維持する権利が侵害されるためです。不貞行為により、この平和な共生を維持する権利が損なわれることが不法行為の成立理由となります。

ただし、未婚のカップルが交際中において浮気が生じた場合、その行為を不法行為として扱うことは一般的には難しいです。これは、婚姻関係に基づく法的な権利と義務の枠組みが適用されないためです。しかし、もし未婚のカップルの関係性が内縁関係とみなされるほどに深いものであれば、その場合には浮気が不法行為として認識される可能性もあります。

配偶者に浮気をされたら慰謝料を請求可能

配偶者からの浮気行為が発覚し、それが法律上の不法行為に当たると認められる状況の場合、被害を受けた側は浮気を行った配偶者に対して慰謝料を請求する権利を持っています。このような慰謝料の請求は、配偶者間の信頼関係の裏切りという深刻な影響を受けた側が、その精神的苦痛に対する一定の補償を求めるためのものです。

浮気の慰謝料相場は200~300万円

慰謝料の金額に関しては、過去の裁判例を参考にすると、不貞行為に基づく慰謝料の相場は大体200万円から300万円程度とされていますが、これはあくまで一般的な目安であり、厳密な基準が存在するわけではありません。浮気の期間や程度、また浮気をした配偶者の年収など、請求される慰謝料の額は個々のケースによって大きく異なる可能性があることを理解しておく必要があります。

慰謝料請求する手続き

慰謝料を請求するにあたっては、以下のような手順を踏むことが一般的です:

  1. 証拠の収集: 不貞行為の証拠を集めることから始めます。これは、調停や裁判において不貞行為が実際にあったと裁判所に認めてもらうために不可欠です。相手が不貞行為を認めない場合、証拠がなければ、不貞行為があった事実を立証することは困難です。
  2. 離婚の意思決定: 次に、配偶者との離婚を進めるかどうかを決定します。
  3. 弁護士への相談: 弁護士に相談し、請求する慰謝料の金額や請求方法について話し合います。
  4. 請求方法の決定: 慰謝料の請求方法として、協議、調停、裁判などがあります。

証拠としては、浮気相手とのメールや通話履歴も有効ですが、それだけでは不貞行為があったと裁判所に認めてもらうのは難しい場合があります。より強力な証拠として、浮気相手とラブホテルに出入りしている写真などが、不貞の事実を裏付ける価値ある証拠となります。明確で疑いようのない証拠を集めることが重要です。

証拠を集めた後、離婚の意思決定を行い、弁護士に相談することで、請求する慰謝料の金額や請求方法について専門的な助言を受けることができます。また、証拠収集に難航する場合は、探偵に依頼して浮気調査を行うことも一つの手段です。

注意点

浮気の証拠収集は、個人で行うには困難な場合が多いです。特に、浮気の事実を明確に示す強力な証拠を得ることは容易ではありません。このような状況で慰謝料請求を検討している場合、プロの手を借りることを検討する価値があります。探偵事務所に浮気調査を依頼することで、確実な証拠を収集することが可能になります。探偵は専門的な技術と経験を持っており、浮気の証拠を効率的かつ効果的に収集することができます。

証拠収集が完了したら、専門家である弁護士に相談することが次のステップです。弁護士は慰謝料請求に関する法的手続きや、相手との交渉を全面的にサポートしてくれます。また、もし浮気相手があなたの配偶者が既婚者であることを知らずに関係を持ったという複雑な状況がある場合でも、弁護士は適切なアドバイスや対処法を提供してくれるでしょう。

不倫に関連する慰謝料請求には時効が存在し、具体的には不貞行為があった日から3年以内に請求を行う必要があります。時間が経過すると慰謝料を請求する権利が失われてしまうため、浮気が発覚したら速やかに弁護士に相談することが重要です。早期に専門家に相談することで、適切な請求手続きを進めることができ、精神的な負担を軽減しながら権利を守ることが可能になります。

まとめ

現代の日本において、浮気は犯罪行為としては扱われていません。この見解は、国際的な視点から見ても、浮気を法的に犯罪と定義している国は少数であるということが言えます。

しかしながら、日本国内では、浮気(不貞行為)が民法の観点から見て不法行為として認識される可能性があります。これは、婚姻関係にある夫婦間で互いに平穏な生活を送る権利が存在しており、その権利が配偶者による浮気行為によって侵害された場合、慰謝料の請求が可能になるということを意味しています。

浮気が犯罪ではないという事実にもかかわらず、それが自由に浮気をしても構わないという理由にはなりません。配偶者の浮気が疑われる状況が発生した場合、対応策としてまず考えられるのは、確実な証拠を集めることです。その上で、専門家である弁護士に相談を行うことが推奨されます。証拠収集に際して困難を感じる場合は、プロフェッショナルなサービスを提供する探偵事務所に浮気調査を依頼することも一つの有効な手段として検討されるべきです。このような手続きを通じて、浮気問題に適切に対処し、自身の権利を守るための道を探求することが肝要です。

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!