日本が、浮気大国と称される程度に浮気の発生率が高いということは、多くの人々にとって驚きではないかもしれません。しかし、特に目を引くのは、「既婚者でありながら浮気をしてしまう」というケースが、予想以上に頻繁に起こっているという事実です。このような状況を踏まえると、自然と、既婚者の中で実際にどれだけの人が浮気をしているのか、という疑問が湧いてきます。そこで、この記事では、一層の理解を深めるために、男性と女性、それぞれの浮気率についての調査を行い、さらに、多くの人が気になるであろう男女の浮気率の比較にも焦点を当てました。この調査を通じて、既婚者がなぜ浮気に走るのか、そしてその背景にはどのような理由があるのかについて、詳細に掘り下げています。

既婚者の浮気率の実態とは?男女それぞれの浮気の発生割合

まずは、既婚者の浮気に関しての全体像を把握することから始めましょう。具体的には、既婚者全体の中で、どれほどの割合で浮気が行われているのか、そしてその割合において男女間でどのような違いが存在するのかが、重要な疑問点となります。

・既婚者の浮気とは何か?

既婚者が浮気をするとは、「既に結婚してパートナーがいる状況でありながら、他の異性と性的な関係を持つ行為」を指します。これは不倫と同義であり、この記事では、既婚者がどれほどの頻度で浮気に及んでいるか、さらには男女別で見た場合の浮気の割合について詳しく掘り下げています。

・既婚者男性の浮気率について

相模ゴム工業株式会社が行った調査結果によれば、既婚者男性の年代別浮気率は次のようになっています。20代で29.5%、30代で30.9%、40代で30.1%、50代で24.5%、60代で19.8%、そして全年代を通じての平均では26.5%という結果が示されています。これは、20代から40代の既婚男性の約3人に1人が、既婚であるにも関わらず浮気をしていることを意味しています。しかし、反対に「結婚相手/交際相手以外と性的な関係を持つことはない」と回答した男性は73.5%にも上り、大多数の男性が一生浮気をしないという結果も明らかになっています。

・既婚者女性の浮気率について

既婚者女性の場合の浮気率も見てみましょう。年齢別に見ると、20代で16.5%、30代で17.9%、40代で17.1%、50代で14.3%、60代で10.5%、全年代平均では15.2%という結果が得られています。既婚者男性と比較すると、既婚女性の浮気率は全体的に低めですが、30代から40代にかけては約2割が浮気をしていることがわかります。既婚者女性のうち5人に1人が浮気をしており、これは決して無視できない数値です。さらに、「結婚相手/交際相手以外と性的な関係を持つことはない」と回答した女性は84.8%となり、こちらも男性と同様に、多くの女性が一生浮気をしないという傾向が明らかになりました。

相模ゴム工業株式会社の調査では、「最も浮気率が高い都道府県は男女共に埼玉県」という興味深い結果も出ていますが、概ね、既婚男性も女性も、一定の割合で浮気をしていることが認められました。このことから、浮気は特定の性別に限定される行為ではなく、さまざまな背景や動機に基づいて、既婚者の間で広がっている現象であることが理解できます。

このように、既婚者の浮気率に関する調査を詳細に分析してみると、男女間で異なる傾向が見えてきます。特に、年代別で見ると、若年層から中年層にかけての浮気率の高さが目立ちますが、その一方で、結婚相手以外と性的な関係を持たないと答える人々の割合も非常に高いことが明らかになりました。これらの結果は、社会的な結婚観や個人の価値観、さらには夫婦関係の質に深く関連している可能性があり、浮気をする人々とそうでない人々の間に存在する多様な背景や理由を、より深く探求する必要があることを示唆しています。

最終的に、浮気は複雑な社会現象の一面を映し出しており、単純な数字だけでは全てを語り尽くせない深いテーマであることがわかります。既婚者の浮気率に関する調査結果は、社会における性のあり方、夫婦関係の質、そして人々の倫理観に関する重要な洞察を提供しており、今後もこの問題に対する理解を深め、対策を講じていくことが求められています。

【既婚男性】なぜ浮気に走ってしまうのか?その心理的背景

結婚している男性がなぜ浮気をしてしまうのか、その背景には様々な心理的動機が隠されています。ここでは、既婚男性が浮気に至るまでの心理的プロセスと、それを促す様々な理由について、詳細に探求していきます。

<既婚男性が浮気に走る心理的理由>

・家庭での居心地の悪さ

安心できるはずの家庭が、逆に心の安らぎを見つけられない場所になってしまうこともあります。妻からの厳しい言葉や家族からの無関心が続くと、家庭における自分の存在意義や居場所を見失ってしまう既婚男性は少なくありません。このようにして家庭内での居心地の悪さを感じた男性は、外で新たな居場所や安らぎを求め、結果的に浮気へと走ることがあります。また、心の安定を求める過程で、他者に本気で心を許してしまう傾向も見られます。この点において、家庭での不和が浮気のリスクを高めると言えるでしょう。

・新たな刺激の追求

家庭生活が円満であっても、男性は新しいスリルや快楽を求めて浮気に手を出すことがあります。浮気に伴う背徳感や隠密行動のスリルは、日常からの逃避として新鮮な刺激を提供します。この刺激を一度経験すると、その魅力から離れられなくなり、再び浮気を繰り返すことになる男性もいます。

・精神的な癒しを求めて

日々の家庭や仕事のストレスから逃れ、精神的な安らぎを求めて浮気をする既婚男性もいます。特に子育て中の場合、家族を支える責任感からくる圧倒的なストレスを抱え、その重圧から逃れるために他者との関係に救いを求めることがあります。

・承認欲求の充足

承認欲求は、人が社会的な存在として他者から認められたいと願う心理的欲求です。既婚男性が浮気をする背景には、自己の魅力を再確認し、女性に認められたいという強い願望がある場合が多いです。妻以外の女性からの注目や好意を通じて、自身の男性としての価値を再確認することで、この承認欲求を満たそうとします。

・性的欲求の満足

夫婦間の性生活がマンネリ化している、あるいはセックスレスの状態にあると、男性は性的欲求を外で満たそうとする

【既婚女性】なぜ他の男性との関係を求めてしまうのか?その心理的背景

結婚しているにも関わらず、他の男性と関係を持つ既婚女性の心理は、多岐にわたる動機や感情に根差しています。ここでは、そうした既婚女性が浮気に至る理由と、その心理的な背後にある要因を、詳細に探ります。

<既婚女性が他の男性と関係を持つ心理的理由>

・孤独感の克服

常にパートナーの存在を求め、孤独を感じやすい女性は、浮気に手を染めやすい傾向にあります。結婚生活が圧迫感をもたらしたり、夫に女性としての魅力を感じてもらえなかったりすることで、深い寂しさを抱え込んでしまうのです。こうした女性は、優しさを示す他の男性に心を引かれ、気づけばその流れで浮気へと進んでしまうケースが少なくありません。

・現実からの逃避

育児の疲れや結婚生活のルーチンによるストレスから、現実からの逃避を望む女性もいます。結婚や子育てにより、妻や母という役割に縛られ、女性としての自分を忘れがちになることも。理想と現実の間に生じるギャップに悩み、他の男性との関係を通じて一時的な解放を求めるのですが、その心の奥底では、実際に離婚を望んでいるわけではないのが一般的です。

・セックスレスの問題

夫婦間でセックスレスの状態にあると、性的な満足を外で求める女性が現れます。夫からの愛情を感じられないことで、「愛されていない」との感覚に陥り、性的な欲求だけでなく、愛されたいという願望も強まります。加えて、年齢と共に性欲が増す女性もいるため、長期にわたる結婚生活では、セックスレスが浮気の引き金になることもあります。

・恋愛感情の追求

結婚生活が長期に及ぶと、夫の欠点が目につき始め、かつての恋愛感情が薄れてしまうことがあります。青春時代のときめきやドキドキをもう一度体験したいと願う女性は、浮気を通じて新たな恋愛感情を求めます。

・真実の愛に出会った場合

夫以外の男性に心惹かれてしまい、その感情が浮気へと発展するケースもあります。人を好きになる心理は複雑で、理性では制御しきれないことも多いです。夫以外の男性との深い関係が始まると、夫への愛情が薄れてしまい、結果的に浮気へと進んでしまうのです。特に職場など、日常的に接する環境にいる男性と親しくなることは容易であり、そこから恋愛感情が芽生え、気がつけば深い関係になっていることも少なくありません。

これらの理由は、既婚女性が浮気に至る多様な背景を示しています。孤独感の克服や現実逃避、性的欲求の問題、新たな恋愛感情の追求など、それぞれが複雑に絡み合い、女性が結婚生活の枠を越えて他の男性と関係を持つきっかけとなっています。重要なのは、これらの心理的動機が一時的な解決をもたらすことはあっても、根本的な問題の解決にはならないということです。既婚女性が抱えるこれらの問題や感情は、夫婦間のコミュニケーションや理解を深めることで、より健全な方法で解決を図ることが望まれます。

「浮気」は悪いこと?いやそうでもない

「浮気」という言葉には否定的な響きがつきものですが、この行為を一概に悪と断じることはできるでしょうか?現代社会では、既婚者が抱える様々な悩みや欲求不満を解消する手段として、セカンドパートナーを見つけることが、人生の質を高める方法の一つとして考えられるようになってきています。

まずは、なぜ既婚者が浮気をしてしまうのか、その心理背景を理解することが重要です。多くの場合、結婚生活が長くなるにつれて感じる日常のルーチンやマンネリ化、セックスレスなど、夫婦関係のさまざまな問題が浮気へと導く主な理由です。また、承認欲求や自己実現の欲求を満たすため、あるいは純粋に寂しさを埋めるために、他者との関係を求めることもあります。

ここで重要なのは、セカンドパートナーを持つことが、一時的な逃避ではなく、人生の質を高めるための積極的な選択となり得るという視点です。例えば、セカンドパートナーとの関係が、既婚者自身の新たな自己発見につながる場合もあります。異なる価値観や考え方に触れることで、自分自身を深く理解する機会を得られ、これまで気づかなかった自分の魅力や可能性に目覚めることも少なくありません。

また、セカンドパートナーとの関係が、既婚者の精神的なサポートになることもあります。日々の生活で感じるストレスや不安を共有し、理解し合える存在がいることで、心のバランスを保つことができます。このような精神的なサポートは、結果として家庭生活にも好影響をもたらし、夫婦関係の改善につながることも考えられます。

しかし、セカンドパートナーを持つことによる人生の質の向上は、その関係が健全で、お互いの境界を尊重するものである場合に限られます。関係を持つ双方が、現実的な期待を持ち、お互いの立場や感情を十分に理解し合うことが必要です。また、秘密を抱えることの精神的負担や、家庭内でのトラブルのリスクも十分に考慮する必要があります。

みなさんなら、現在のパートナーとうまくいかない時、どのような選択をしますか?

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!