離婚を控え、別居へと進む際には、生活を維持するために必要な費用、具体的には日々の生活費、住宅に関する費用、そしてもし子どもがいればその養育費など、多岐にわたる費用が必要となってきます。通常、これらの別居時に発生する費用は、夫婦間での円滑な対話を通じて、どのように分担するかについて合意を形成し、その合意に基づいて支払いが行われるのが一般的な流れです。しかしながら、話し合いがうまくいかず、合意に至らない場合も少なくありません。そのような状況下では、パートナーに対して必要な費用の請求を行うことが避けられません。

本稿では、そうした状況における、別居中の生活費をはじめとする費用を、どの程度、どのように請求することが可能なのかについて、詳細にわたってご説明していきます。

別居中の配偶者から生活費などの費用を請求する際には、その手続きの具体的な流れや、どのような点に注意すべきかという重要なポイントを事前にしっかりと理解しておくことが大切です。別居中の生活費の支払いを巡ってお悩みの方や、これから別居を予定している方々に向けて、この記事が有益な情報を提供し、よりスムーズな別居生活への移行をサポートすることを目的としています。ぜひ、この記事を参考にして、別居期間中の経済的な負担を適切に管理し、不要なトラブルを避けるための一助としてください。

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

別居中でも生活費を受け取ることが可能

夫婦間の不和やその他様々な理由で別居に至る場合、生活を維持するために必要な費用の扱いが問題となります。一見、夫婦が別居してそれぞれ独立して生活を送る以上、生活費は個々に負担するべきとの考えが浮かぶかもしれません。しかし、ここで重要なのは、法律上の婚姻関係が続いている限り、別居していても生活費を含む必要経費を収入に見合った形で分担する法的義務が夫婦双方にあるという点です。

▽具体的には、民法第七百六十条に「婚姻から生じる費用を分担する」と規定されています。引用元:民法。この条文に基づき、たとえ片方が専業主婦(主夫)であっても、別居中の生活費の分担を求めることが可能です。仮に、収入を有する側がこの責任を果たさない場合、分担を求める請求権がもう一方に生じるのです。

離婚に至る前の別居期間であっても、法律上は依然として夫婦であり、相手方から生活費を得る権利が存続します。

生活費の金額は夫婦で協議するのが望ましい

別居に伴う生活費や住宅費、子どもの教育費など、婚姻に起因する経費を「婚姻費用」と称します。この婚姻費用の額については、本来、夫婦が相互の協議により決定することが基本とされています。ただし、相手方に単に「生活費が必要」と伝えるだけでは、円滑な話し合いには至りにくいでしょう。別居中の生活における具体的な支出を積算し、その妥当性を相手に説得力をもって説明し、合意形成を図るべきです。

婚姻費用の算定基準として「婚姻費用算定表」を参照

婚姻費用の額は、夫婦の収入や財産の状況、家族構成等を総合的に考慮して定められますが、「婚姻費用算定表」が一つの目安となり得ます。この算定表は、東京・大阪の裁判所が参考とする基準であり、法的な拘束力はありませんが、別居中の生活に必要な経費の算出に際して、双方が参照する有益な指針を提供します。裁判における婚姻費用の算定や、夫婦間の協議においても、この算定表が役立つ場合が多く、合意に至らない際の判断基準としても活用されています。したがって、協議の際はこの算定表を確認し、自身の状況に即した婚姻費用の額を算出するための基準として利用することが推奨されます。

このように、夫婦間での生活費の話し合いは、具体的かつ客観的なデータに基づくことが大切です。婚姻費用算定表をはじめとする既存の基準を参考にしながら、双方の経済的な実態と公平性を考慮した上で、適切な費用の分担を目指すべきです。夫婦間の合意が得られれば、それに基づいて具体的な金額を定め、双方が納得のいく形で支払いを進めることができます。

別居に伴う生活費の分担は、時に感情的な対立を引き起こす原因となり得ますが、法的な枠組みや客観的な基準を参考にすることで、合理的かつ平和的な解決へと導くことが可能です。そして、最終的には、この過程が夫婦双方にとって、別居期間を通じての経済的な自立と相互理解の機会となり、より健全な関係への一歩となることを期待します。

婚姻費用として受け取れるものとは

婚姻費用として支払われるべき経費は、主に以下の4カテゴリーに分類されます。

  • 生活費: これには、食費や住宅関連費(家賃や住宅ローンの返済)、光熱費、日常生活に必要な日用品の購入費などが含まれます。
  • 子どもに関わる費用: お子様の養育にかかる費用、教育費、医療費など、子どもの成長に必要なあらゆる経費が含まれます。
  • 弁護士費用: 離婚手続きや財産分与に関する相談、その他法的手続きに伴う弁護士への支払いなどがこれに該当します。
  • その他の費用: 慰謝料や契約解除に伴う損害賠償金、離婚にかかる各種手続き費用など、その他の離婚関連経費も婚姻費用の一部として考えられます。

基本的には、自身と子どもの日々の生活を支えるために必要な一般的な費用が婚姻費用の範囲に含まれます。しかし、これらの費用は、その世帯の収入や資産、さらには社会的地位に応じた生活水準を基に算出されることが一般的ですので、注意が必要です。

また、娯楽費や社交活動に関わる費用についても、その世帯の具体的な状況や生活水準を総合的に考慮した上で、合理的と見なされる範囲内でのみ支払いが認められることがあります。

特に、住宅ローンの支払いが含まれる場合、ローン返済額が婚姻費用として考慮されることにより、本来受け取るべき婚姻費用が減少する可能性があります。これは、パートナーが住宅ローンの返済を通じて、間接的に住居費を負担していると見なされるためです。

婚姻費用を受け取る期間について

婚姻費用を受け取ることができる期間は、夫婦が実際に別居を始めた時点から、正式に離婚が成立するまでの間です。これは、別居から離婚成立までの期間、生活費や住居費などの必要経費に対して、パートナーから一定の負担を求めることが可能であるという意味です。

ただし、別居開始時から具体的に婚姻費用を請求できるか否かは、夫婦の個別の状況に左右されます。例えば、協議離婚の際に婚姻費用の取り決めに関して合意が得られている場合、別居が始まると同時に婚姻費用の支払いが開始されることがあります。逆に、離婚に向けた調停や裁判が行われている場合は、裁判所や調停所が双方の事情を精査し、必要と認めた場合にのみ、婚姻費用の支払いが決定されます。

このように、離婚に至る過程における婚姻費用の受け取り可能期間は、夫婦間での事前の合意や、法的な手続きの進行に応じて変動することがあるため、その点を踏まえておくことが重要です。もらえる期間には一定の幅があるため、自身が置かれている状況を正確に理解し、適切なタイミングで婚姻費用の分担や支払いについて行動を起こすことが望ましいでしょう。

特に、別居が開始された場合には、できるだけ早期に婚姻費用に関する話し合いを始めるか、必要な場合には法的な手続きを検討することが肝心です。請求を遅らせた結果、別居開始前の期間に関して婚姻費用を遡って受け取ることは、原則として認められていないため、別居が始まったら迅速に行動に移すことが推奨されます。

結局のところ、婚姻費用の請求と支払いは、夫婦が互いに抱える経済的な責任と義務の一環として、離婚に至るまでの過渡期において適切に管理されるべき重要な要素です。そのため、別居から離婚成立までの期間、公平かつ適切な婚姻費用の分担がなされるよう、双方が積極的にコミュニケーションを取り、必要に応じて専門家の助言を求めることが賢明です。

婚姻費用を受け取れないケース

婚姻費用の支払いを受けられない特定の状況には、以下のような例が考えられます。

  • 配偶者からの虐待や暴力: もし配偶者が虐待や暴力を行なっていた場合、その行為が婚姻費用の支払い拒否の理由になることがあります。
  • 不貞行為の存在: 浮気や不倫などの不貞行為が発覚した場合、これが婚姻費用の支払いを受けられない理由になることがあります。
  • 配偶者の収入が少ない: 配偶者の収入が申請者よりも少ない場合、支払い能力の欠如により婚姻費用を受け取れない可能性があります。
  • 経済的支援を受けている: 同居している家族から経済的支援を受けている場合、その支援が婚姻費用の支払い要求を弱めることがあります。
  • 配偶者が離婚を望んでいない: 配偶者が離婚に同意していない場合、婚姻費用の支払いを拒否することがあります。
  • 公的支援を受けている: 生活保護などの公的支援を受けている場合、その支援によって婚姻費用の必要性が低減される可能性があります。

しかしながら、これらの状況が自動的に婚姻費用の請求権を否定するわけではありません。夫婦間の協議、調停の結果、または裁判所の判断によって、これらの状況にもかかわらず婚姻費用が支払われる場合があります。

別居中のパートナーから婚姻費用を請求する手続き

別居中のパートナーに婚姻費用を請求する際には、まず相手との話し合いを試みることが大切です。しかし、話し合いで合意に至らない場合や、話し合い自体が拒否される場合には、以下の方法を検討することができます。

婚姻費用分担請求調停の申し立て:

夫婦間での協議が不可能な場合、家庭裁判所に「婚姻費用分担請求調停」を申し立てることができます。この調停では、専門の調停員が仲介し、双方に合意できる婚姻費用の分担を目指します。

調停が不成立の場合の審判手続き:

調停で合意に至らなかった場合、自動的に審判の手続きが開始されます。審判では、裁判所が提出された証拠や調停中の議論を基に、適切な婚姻費用の額を決定します。

これらの手続きを通じて、第三者の介入によってより客観的な観点から婚姻費用の適切な分担が決定される可能性が高まります。特に、裁判所による調停や審判の場では、双方の経済的状況や子どもの養育に関わる費用など、さまざまな要素が総合的に考慮されるため、公平な結果に至る可能性があります。審判によって婚姻費用の支払いが決定された場合、その決定は強制力を持ち、パートナーが支払いに応じない場合には、法的な措置を通じて婚姻費用を回収することが可能となります。

申立書の提出や調停、審判の申し立てなど、これらの手続きは個人でも行うことができますが、複雑なケースや交渉が難航しそうな場合には、弁護士に相談し、専門的なサポートを受けることが推奨されます。弁護士は法的な知識や経験を活かして、より有利な条件で婚姻費用の支払いを確保するための戦略を提案し、手続きの進行をサポートします。世帯の収入が低い場合には法テラスを使用することも検討しましょう。

最終的に、別居中のパートナーから婚姻費用を請求する過程は、時には精神的にも負担が大きいものとなることがあります。しかし、この手続きを通じて、経済的な自立を目指し、別居生活を安定させるための一歩を踏み出すことができます。重要なのは、自己の権利を理解し、適切な方法でこれを行使すること、そして必要に応じて専門家の助けを求めることです。

まとめ。別居以外の選択肢もある。

別居は夫婦間の問題や調整期間を求める際にしばしば選択されますが、この決断には経済的な負担が伴います。世帯が分かれることで、それぞれの生活費、住居費、さらには子どもの養育費など、多くの余計な費用が発生するのです。この点において、セカンドパートナーを持つ選択肢が、経済的な観点から見直されるべきかもしれません。

別居期間中の経済的な負担は想像以上に重く、特に住居費用の増加は顕著です。二つの家庭を維持することは、一つの家庭を維持する場合に比べて、明らかに経済的な負担が大きくなります。さらに、日用品や光熱費などの生活費も、二重にかかるため、家計に大きな影響を及ぼします。

これに対し、セカンドパートナーを持つことで、経済的な負担を軽減する可能性があります。セカンドパートナーとは、法律的な婚姻関係にないものの、愛情やサポートを提供し合う関係を指します。このような関係では、互いの経済的な負担を分かち合うことが可能であり、特に住居費の共有や生活費の分担など、具体的な支援が期待できます。

しかし、セカンドパートナーを持つことを検討する際には、その選択がもたらす社会的、精神的な影響を考慮する必要があります。伝統的な家庭の価値観や社会的な規範と異なる選択をすることで、周囲からの理解を得られないこともあるでしょう。また、感情的な複雑さや関係の安定性に関しても、慎重な配慮が必要です。

重要なのは、自分自身とパートナー、そして家族にとって最善の選択をすることです。経済的な観点だけでなく、精神的な健康や関係の質も考慮に入れ、全体的な幸福を目指すべきです。セカンドパートナーという選択が、ある人々にとっては解決策となり得るかもしれませんが、その選択には様々な側面があることを理解し、深く考えた上で決断することが求められます。

結局のところ、別居やセカンドパートナーを頼ることは、個々の状況や価値観、期待に基づいた決断です。経済的な側面だけでなく、精神的な満足や社会的な関係も考慮した上で、自分にとって最も適した道を選択することが、真の解決への鍵となるでしょう。

セカンドパートナーが見つかる既婚者専用マッチングアプリの詳細はこちら

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!