「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

マッチングアプリの普及により、多くの人が新しい出会いを探求しています。しかし、その便利さの裏で、既婚者が独身と偽ってアプリを利用している事例も少なくありません。こうした状況に巻き込まれないために、また、もし既婚者と出会ってしまった場合の対策を紹介します。

既婚者を見分けるサイン

まずは、マッチングアプリ上で既婚者を見分けるためのサインを知ることが重要です。プロフィール写真がない、または顔がはっきりしない写真を使用している、プロフィール情報が曖昧である、連絡が不規則である、深夜のみメッセージを送ってくる、個人的な情報を教えたがらないなどの特徴が見られる場合は注意が必要です。

直接確認する

疑念を持った場合は、遠慮せずに直接確認することが肝心です。「既婚者ではないですよね?」とストレートに尋ねる勇気を持ちましょう。嘘をついている場合、その反応から真実を見抜く手がかりになります。

プライバシー保護

個人情報の保護は、マッチングアプリを使用する上で最も重要なポイントです。特に、疑わしい相手とのやり取りでは、住所や電話番号などの個人情報を共有しないようにしましょう。また、早い段階で実名やSNSのアカウントを教えることも避けるべきです。

アプリ運営への報告

マッチングアプリの多くは、不適切なユーザーを報告する機能を備えています。既婚者であると確信した場合は、運営側に通報しましょう。これは、自身を守るだけでなく、他のユーザーを守る行為でもあります。

心の準備をする

マッチングアプリを利用する上で、既婚者に出会う可能性があることを心の準備しておくことも大切です。万が一、既婚者と出会ってしまった時に冷静に対処できるよう、あらかじめ自己防衛の方法を考えておくと良いでしょう。

結論

マッチングアプリは新しい出会いを見つけるための有効なツールですが、その利用には慎重さが求められます。既婚者に出会ってしまった場合の対策を知っておくことで、不快な経験を避け、より安全にアプリを楽しむことができます。自分自身の直感を信じ、プライバシー保護を最優先に考え、健全な出会いを追求しましょう。