恋愛は、思春期を過ぎた人生の中で重要な喜びの一つとされています。そのため、男女問わず結婚によってその喜びを失うことは、非常に惜しいと感じられることが多いでしょう。

特に、現代は超少子化という社会的な問題に直面しているため、20代など若い年齢で結婚し恋愛市場から離れることは、男性だけでなく女性にとってもあまり魅力的ではないと感じられるかもしれません。

しかし、結婚生活を送る以上、パートナーが浮気を許容することはまれであるため、私の考え方に関わらず、この点は変わりません。さらに、社会における不倫に対する視線は特に厳しく、婚外恋愛は「決して発覚してはいけない関係」と見なされているのが現実です。

このため、不倫や浮気を望む既婚男女に対して、以下では「既婚者がマッチングアプリを使用する際のリスクと、それに対する予防策」について詳しく説明します。

一般的なマッチングアプリは既婚者の利用は禁止されている

一般に、多くのマッチングアプリでは既婚者の参加が明確に禁止されています。これは、Pairs、with、タップル、Omiai、Match.com、Marrish、Dineなど、数多くのアプリに共通する規則であり、これらのプラットフォームが主に婚活目的で使用されることが多いため、既婚者の利用は許可されていません。

具体的には、これらのマッチングアプリの利用規約において、既婚者が利用することが禁じられていることが明記されています。例えば、PairsではFacebook認証を必要とし、Facebook上での関係ステータスが「既婚」であると、アプリへの登録が不可能になります。利用規約には、日本在住の18歳以上(高校生を除く)で、交際相手がいない独身者(離婚した人を含む)のみが、このサービスを利用できると規定されています。

また、Marrishの場合、利用規約では18歳以上で独身の人のみがサービスを利用できると述べられており、独身であることの確認は登録時の生年月日や自己申告、運営側が指定する公的証明書などに基づいて行われますが、全てのユーザーが独身であることを保証するものではありません。違反が発見された場合は、利用者を強制退会させることができるとも記されています。

しかし、独身証明書の提出が必須ではないため、実際には既婚者が登録を行うことも可能ですが、利用規約違反が発覚した際にはアカウント削除の対象となることは間違いありません。そのため、既婚者がこれらのアプリを使用する場合、相手に既婚であることを隠して関係を進めることが一般的となりますが、これは相手への不誠実な行為であり、倫理的な問題を含みます。

既婚者がマッチングアプリを利用する際のリスクは高く、その行為はパートナーや他のユーザーに対する裏切りとなり得ます。したがって、このような選択をする前に、そのリスクと責任を十分に考慮することが重要です。

家族にバレないように婚外恋愛をするには

婚外恋愛を家族に知られずに行うためのアプリ利用に関する戦略に焦点を当て、どのように行動すれば家族の目を逃れることができるかについて説明します。

主要な注意点は次の三つです:

  1. スマートフォンの露見を防ぐことの重要性
  2. 行動パターンの急激な変化を避けること
  3. 疑念を抱かれないことが発覚を防ぐ鍵

スマートフォンからの情報漏洩が最大のリスク

現代では、スマートフォンを通じて容易に人との出会いや婚外恋愛を楽しむことが可能になりましたが、同時に、この便利なツールが予期せぬ危険をもたらすこともあります。「浮気がばれる」大多数のケースが、スマートフォンの情報漏洩に起因しています。

浮気が疑われるプロセスは大きく三つのステップに分かれます:

  • 疑念が生じる:配偶者が何かしらの変化に気づき、浮気を疑う。
  • 確信に変わる:何らかの行動や証拠が、その疑念を確信に変える。
  • 確定証拠が見つかる:否定できない証拠が見つかり、浮気が明らかになる。

このプロセスのいずれにおいても、スマートフォンが重要な役割を果たすため、絶対にスマートフォンを家族に見られないよう厳重に注意する必要があります。実際、スマートフォンの管理を徹底することで、浮気が発覚するリスクは大幅に低下します。

行動パターンの急変を避ける

浮気や不倫を始めたことで、行動が顕著に変わると、それが家族の疑念を呼び起こす原因となります。例えば:

  • スマートフォンを手放さなくなったり、使用時間が増えたりする。
  • 急にオシャレに気を使い始める。
  • これまでとは異なる時間帯に外出することが増える。
  • 電話をする回数が増える。

これらの変化は、同居している家族であれば容易に気付かれます。しかし、日頃からスマートフォンの使用を常態化させる、見た目に気を配る、一人で外出する習慣を持つなど、行動に変化を与えないように心掛けることが大切です。

疑念を持たれないこと

最終的に、浮気が発覚するかどうかは、疑念が持たれるかどうかにかかっています。つまり、「疑心」がなければ、浮気や不倫が露見する可能性は極めて低くなります。ただし、自宅に不自然な痕跡を残さないことも重要です。女性は細かな変化にも敏感なため、例えば見慣れない髪の毛があるだけで疑念が芽生えることがあります。

家族に疑われることを避けるための具体的対策

  • プライバシーの厳守: スマートフォンにパスコードや指紋認証を設定し、家族には解除できないようにします。また、重要なメッセージは定期的に消去するなど、プライバシーを徹底的に守りましょう。
  • 自然な行動の維持: 浮気や不倫を開始しても、生活様式や行動パターンに急激な変化をもたらさないよう努めます。スマートフォンを使う頻度が増えた場合でも、それを家族が不自然と感じないよう、日常的にスマートフォンを活用する理由を作り出しましょう。
  • 疑われる行動の回避: 家族がいない時に限ってスマートフォンをいじる、家を離れて電話をかけるなど、疑念を持たれやすい行動は避けます。また、香水の匂いや外見の変化にも注意し、急に変わらないよう心がけましょう。

浮気相手には既婚であることを開示するかどうか

既婚者が婚外恋愛をする際に直面する一つの選択肢は、恋愛相手に自身が既婚である事実を明かすかどうかという問題です。この選択には、道徳的な観点から「既婚の事実を隠して他の人と恋愛関係を持つのは不適切だ」と指摘される可能性があります。一方で、法律的な観点から考えると、既婚であることを明かすことによって発生する慰謝料のリスクの方が重大であることを考慮する必要があります。

既婚を開示する場合のメリット

既婚であることを恋愛相手に明らかにすることで、以下のようなメリットがあります:

  • 相手が既婚者であることを理解しているため、より柔軟な関係を築くことができます。
  • 家庭への露呈のリスクが相対的に低いです。
  • 万が一、配偶者に発覚しても、恋愛相手との間で発生するトラブルが最小限に抑えられる可能性があります。

既婚を隠すことなく関係を始める場合、最悪のシナリオであっても、恋愛相手との間のダメージが比較的少なく済むというわけです。

既婚を開示する場合のデメリット

一方、既婚であることを明かすと、以下のデメリットがあります:

  • 既婚者を受け入れる恋愛相手を見つけることが困難になる可能性があります。
  • 既婚者禁止のマッチングアプリなど、出会いの場が限定されます。
  • 配偶者が恋愛相手に慰謝料を請求する可能性が出てきます。

特に、既婚であることを明らかにした結果、配偶者から恋愛相手への慰謝料請求のリスクが生じることは、最大のデメリットと言えるでしょう。

既婚を隠す場合のメリット

既婚を隠した場合、次のようなメリットがあります:

  • マッチングアプリやパーティーなど、出会いの機会が広がります。
  • 配偶者が恋愛相手に慰謝料を請求するリスクがなくなります。

この場合、特に「出会いの機会が広がる」という点は、大きなメリットとなります。

既婚を隠す場合のデメリット

しかし、既婚を隠すことには次のようなデメリットも伴います:

  • 家族にバレるリスクが高まります。
  • 事情が考慮されず、既婚が発覚した場合の影響が大きいです。
  • 家族と恋愛相手の両方に隠し続ける必要があり、精神的に疲弊します。
  • 長期的な関係となった後、既婚が発覚すると、恋愛相手から慰謝料を請求されるリスクが発生します。

既婚を隠すことにより、関係が深まった後に真実が明らかになった場合、恋愛相手は裏切られたと感じ、その結果として発生する精神的なダメージに対する慰謝料請求が考えられます。この場合、貞操権の侵害に基づく慰謝料が請求される可能性があり、関係が終わるだけでなく、金銭的な負担を伴う事態になる恐れがあります。

総じて、既婚者が婚外恋愛をする際には、既婚である事実を開示するか隠すかによって、それぞれにメリットとデメリットが存在します。既婚であることを開示する場合は、恋愛相手との関係が比較的クリアに進む可能性がありますが、慰謝料のリスクも伴います。一方で、既婚を隠す場合は、出会いの機会が広がるというメリットがありますが、バレた時のリスクが非常に高く、精神的、金銭的なダメージが発生する可能性があります。

重要なのは、既婚者としての責任と、行動の結果が自身だけでなく、家族や恋愛相手にも大きな影響を及ぼすことを深く理解し、慎重に行動することです。また、配偶者との信頼関係を損ねることなく、問題を解決するための適切な方法を模索することが望ましいでしょう。

既婚者は既婚者専用マッチングサイトを使うのがおすすめ

既婚者が婚外の関係を探求する際に、既婚者専用のマッチングサイトを利用することをおすすめする理由は、その安全性、倫理性、および利便性に基づいています。以下に、この選択が賢明である理由を詳細に説明します。

1. 明確な利用者の意図

既婚者専用のマッチングサイトは、利用者が既婚者であることを前提としています。これにより、利用者間での誤解が減り、同じ状況にある人々同士が出会うことが容易になります。利用者は、お互いの生活状況を理解し、尊重する立場から関係を築き始めることができます。

2. プライバシーの保護

既婚者専用サイトは、プライバシー保護に特に注意を払って設計されています。個人情報の漏洩を防ぐセキュリティ対策が施されているため、利用者は自分の身元を安全に保ちながら活動することができます。これにより、家族や知人に対するリスクが最小限に抑えられます。

3. 倫理的な枠組み

既婚者専用サイトを利用することで、非既婚者を巻き込むことなく、同じ立場の人々との関係を探求することができます。これは、倫理的な観点からも配慮された選択と言えるでしょう。利用者は、相互の同意と理解のもとで関係を築くため、罪悪感や倫理的なジレンマを軽減することが可能です。

4. 相互の期待の一致

既婚者専用サイトでは、利用者が何を求めているかの期待が明確です。これにより、関係の目的や範囲についての認識の齟齬が少なくなります。利用者は、同じ目的を持つ人々と出会いやすくなるため、無駄な時間を避け、より満足のいく関係を築くことができます。

以上の理由から、既婚者が婚外の関係を探求する際には、既婚者専用のマッチングサイトの利用をおすすめします。これにより、安全かつ倫理的に、そして効率的に関係を築くことが可能になります。

既婚者専用マッチングサイトの詳細はこちら!

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!