「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

既婚者が出会いを求めるのはリスクが存在している

現代社会における既婚者が配偶者以外の人と関係を持つ行為は、どのように見られているのでしょうか?

既婚者が新たな恋愛関係を求め、相手を探し始める際には、独身者と比較して遥かに大きな負担やリスクを背負うことになります。この探求の過程自体が、出会いから交際へと進むすべての段階で、増加するリスクを伴います。

具体的には、配偶者に不倫が発覚し離婚に至るリスク、離婚した場合に子どもの親権を失う可能性、親族からの非難や批判、職場での事実が明らかになり社会的信用を損なうリスク、さらには慰謝料請求による経済的損失など、不倫に関連するリスクは非常に多岐にわたります。

このように、既婚者が不倫を行うことに伴うリスクの大きさを考えると、多くの人がこれらのリスクを恐れ、新たな出会いや恋愛をあきらめるという選択をするでしょう。しかしながら、既婚者であるが故に、新しい出会いを完全に諦めなければならないという考えに疑問を持ち、それを拒否する人々もいるのは確かです。これらの異なる意見や立場は、既婚者が直面する恋愛と出会いの複雑な現実を浮き彫りにしています。

それでも恋愛したい既婚者の手段

既婚者でありながら新たな恋愛を望む人々は、どのような行動を取ればよいのでしょうか?長期にわたるセックスレスの状態が続いている場合、配偶者以外の異性との関係を探求することが自然な流れとなることもあります。また、夫婦間の会話が途絶え、お互いに関係維持のための努力が見られなくなった場合、外部の恋愛関係を求めることが許されるのではないかという意見も存在します。子育てが一段落し、互いの間の愛情が感じられなくなった状況下では、離婚を選ばずとも、新しい人との恋愛関係を築くことが適切な選択となる場合もあるでしょう。

これらの理由から、「不倫」「婚外恋愛」「卒婚」といった選択をする人々が登場しています。結婚という社会的枠組みに縛られることなく、新しい出会いを求めるのは人間の本能的な欲求であり、それを社会的制約だけで完全に抑制することは難しいのが現実です。

その結果、便利なツールやコンテンツが時代とともに開発され、既婚者の出会いの場は劇的に変化してきました。これにより、結婚していても恋愛を楽しむ人が増加しています。

インターネットの普及以前は、既婚者の出会いの場は、職場や常連のバーやカフェ、趣味や習い事の場、同窓会など日常生活の範囲内に限定されていました。初恋の相手と偶然の再会を果たすなど、古典的な出会いのシナリオも珍しくありませんでした。

しかしながら、これら伝統的な出会いの方法は、不倫関係が原因で仕事や日常生活に支障をきたすリスクを孕んでいました。対照的に、現代のオンラインシステムは、より安全かつ多様な出会いの機会を提供し、不倫や婚外恋愛におけるルールやコツについても変化をもたらしています。

既婚者専用のマッチングサイトの詳細はこちら

既婚者専用マッチングアプリの台頭

近年、出会い系サイトの世界には様々なプラットフォームが登場していますが、特に注目を集めているのは「既婚者クラブ」を筆頭とする既婚者限定のマッチングアプリの増加です。

「人生は一度だけ。なぜ不倫を楽しまないの?」という挑発的なスローガンを携えて、2001年にカナダから誕生した出会い系SNS「アシュレイ・マディソン」は、既婚者同士の交流を促進することを目的としていました。このプラットフォームは、日本でも大いに議論を呼び、注目の的となりました。しかし、その使用にかかる高額な費用や、サクラの存在が多いとされる点が問題視され、2015年には大規模な個人情報流出事故を引き起こし、急激に人気が落ち込む事態に陥りました。

加えて、不倫=肉体関係というコンセプトを公然と打ち出したマーケティング戦略に対して、多くの人々が躊躇や抵抗感を感じていたことも、日本市場における同サイトの普及を妨げる一因となりました。このような点からも、日本人ユーザーにとっては使い勝手に難しさを感じる部分があったと考えられます。

それでもなお、「アシュレイ・マディソン」の存在が一定の評価を受けたのは、既婚者が新たな恋愛関係を求めるという潜在的なニーズを浮き彫りにしたからです。特に、自分の社会的な立場を損なうことなく、しかし安全に異性と出会いたいという、既婚者特有のややわがままな願望との相性が、オンラインマッチングの利用によって高く評価されたのです。この現象は、既婚者が抱える特別な出会いに対する要求を満たす、新しい時代のニーズとして捉えられました。

既婚者マッチングアプリが誕生した背景

「アシュレイ・マディソン」のユーザーが他所へ流れた後も、既婚者を対象としたマッチングアプリやサイトは、その機能を進化させ続けています。これは、一般的な婚活や恋愛を目的としたマッチングアプリやサイトが、既婚者の参加を明確に禁じているためです。過去には、独身を装ってこれらのプラットフォームに参加した既婚者が、身元が露呈し、インターネット上で個人情報が晒されるというトラブルが相次ぎました。これを受けて、運営側は独身証明書の提出を求めるなど、参加者の身元確認を厳格化する対策を施しています。

このような背景から、真剣に恋愛相手を探す旨のサイトからは、既婚者が締め出される形となりました。

しかし、既婚者が出会いを求めることができるアプリやサイトは以前から存在しています。ただし、これらのプラットフォームに存在する女性の多くが金銭を目的としており、本気で恋愛関係を築きたいと考えている人々は少数派に留まっています。

このニーズに応える形で生まれたのが、既婚者専用、または既婚者も参加可能なマッチングアプリであり、その中でも「既婚者クラブ」は代表例として挙げられます。既婚者マッチングアプリは、独身者向けのアプリやサイトとは異なり、既婚者特有のニーズに合わせた独自のルールや注意点を持っています。これにより、既婚者同士が安全に、かつ互いの立場を理解した上での出会いを求めることが可能になっています。

探すのは不倫相手、ではない。

最も基本的な点で留意すべきは、既婚者マッチングアプリが不倫を目的としたアプリではないという事実です。多くの既婚者向けマッチングアプリは、その基本姿勢として不倫を奨励していないばかりか、不倫を促進する行為自体を禁止しているのが普通です。

既婚者同士の出会いの機会を提供しながらも、不倫を推奨しないという、一見すると矛盾したように思えるスタンスには、確かに一定の混乱を招く可能性があります。

しかしながら、この姿勢は、関係が肉体的なものに発展する可能性を完全に否定しているわけではなく、むしろ交際へと進む過程での一般的な立場に関するものです。

想像してみてください。もし、職場や趣味の場、あるいは子どもの学校のPTA活動などで、家庭があり子どもがいるにも関わらず、積極的に出会いを求める姿勢を見せたらどうなるでしょうか。周囲から疎外されることはほぼ避けられないでしょう。オンラインの世界でも、既婚者に対しては一定の「建前」が求められるのです。これは、運営側が不倫を促進しているとの非難を避けるための措置でもあります。

既婚者マッチングアプリの目的は、必ずしも不倫相手を探すことに限定されているわけではなく、配偶者との関係に関する悩みの相談や、既婚者特有の孤独感を共有するなど、既婚者同士でしか理解しあえない問題について話し合うことも含まれています。確かに、相談を通じて信頼関係が築かれ、結果として関係が深まることはよくあるパターンです。

つまり、既婚者マッチングアプリは、「既婚者同士が出会い、コミュニケーションを取ること」を目的としており、その結果として交際に発展する可能性があるかもしれませんが、その進展については運営側は責任を持たないというスタンスを取っているのです。

既婚者専用のマッチングサイトの詳細はこちら

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!