「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

本記事では、既婚者を好きになってしまったときの対処法をご紹介します。

「恋とはするものではなく落ちるもの」とよく言われますが、相手の立場や関係性を問わず気づいたときには恋をしているものでしょう。

しかし、既婚者との恋愛は本来許されるものではないのは周知の事実。

好きだと気づいた瞬間から手に入ることのない、辛く苦しい恋であることは目に見えています。

本記事では既婚者を好きになったときの対処法に加え、既婚者を好きになる人の特徴についても解説します。

苦しい恋を終わらせたい方、好きだという気持ちが固まる前に自分自身を止めたいと思っている方は参考にしてみてください。

【いくつ当てはまる?】既婚者を好きになる人の特徴

人の恋愛には共通した傾向があり、既婚者を決して好きにならない人もいれば、既婚者ばかりを好きになる人もいます。

まずは、下記の既婚者を好きになる人の特徴について詳しくご紹介します。

  • 独占欲が強い人
  • 恋愛において依存体質の人
  • 寂しがり屋気質な人
  • 自己肯定感が低い人

自分自身のタイプや過去の恋愛傾向を考え、いくつ当てはまるか考えてみてください。

独占欲が強い人

独占欲が人よりも強い人は、人のものに惹かれる傾向があります。

既婚者である異性に対して「結婚している=人のもの」と考えれば考えるほど、手に入れたくなります。

さらには、「この人のパートナーよりも愛してほしい」「自分のことだけを考えてほしい」などといった独占欲がどんどん高まっていくのでしょう。

その上、独占欲が強い人は人一倍嫉妬心が強いことも特徴の一つにあります。

相手を思えば思うほど、相手に自分以外の帰る場所があることを妬み、孤独感は増すばかり。

過去の恋愛や人付き合いなどを振り返って自分の独占欲の強さを自覚しているのであれば、既婚者との恋愛は自分を追い込み心が疲弊することは覚悟しなければいけません。

恋愛において依存体質の人

恋愛において恋人に依存体質な人は、既婚者に惹かれる傾向があります。

恋愛に依存するタイプの人は一定数いて、「常に恋人を欠かさない」「恋人の動向を逐一チェックする」などの特徴があります。

依存体質の人が既婚者にハマりやすい理由は、家庭がある人は、独身の人と比べ自立しているように見えたり、頼りがいがありそうだと感じるなど割り増して見えているからです。

だからこそ、知らず知らずのうちに自分のことも支えてほしいといった思いから、なくてはならない存在に深まっていきます。

寂しがり屋気質な人

一日に何度も連絡をしたり、自分以外の人に目が向いていると怒ったりといった寂しがり屋でかまってちゃんの人も、既婚者に惹かれがちです。

「側にいてほしいなら、既婚者以外の方が良いのでは?」と感じるかもしれません。

実は、このタイプは既婚者に限らず、全方面の異性に対してとにかく自分の寂しさを埋めるために側にいてほしいと思っています。

相手が既婚者であることをそれほど問題視しておらず、たまたま家庭を持つ人だっただけという認識で、次から次へと自分を満たしてくれる人に惹かれる恋愛傾向にあります。

自己肯定感が低い人

自己肯定感が低い人は自分という存在そのものに自信がないため、恋愛することに対して恐怖を感じる傾向にあります。

「自分が幸せになるなんて…」「人から愛されるなんて」などといった恐怖感が根底にある人は未来が見えないものや不安定なものに惹かれてしまいがち。

無意識で辛い恋愛を選んでしまっています。

自己肯定感が低い人は、幼少期に親からの愛情を感じられていなかったり、成長する上でのつらい経験が原因となっていることが多くあります。

思っていた以上に恋愛傾向にも影響があると言えるでしょう。

【苦しい恋を終わらすには】既婚者を好きになってしまったときの対処法

好きだという気持ちに気付いたときには、もう恋に落ちてしまっています。

しかし、もし間に合うのであれば辛い思いをする前に恋を終わらせましょう。

そこで、既婚者を好きになってしまったときの対処法がこちらです。

  • 自分磨きに打ち込む
  • ほかに好きな人を見つける
  • 仕事を頑張る
  • 相手にきちんと想いを伝える

続いて詳しく解説します。

自分磨きに打ち込む

恋愛すると、頭に思い浮かぶのは相手のことばかり。

何をしていても、常に頭から離れなくなってしまうものですし、思えば思うほど気持ちは大きくなってしまいます。

既婚者への報われない恋心を止めたいと思うのであれば、自分磨きをして自分に自信を持ちましょう。

 特に前述したように自己肯定感が低かったり、幸せになる権利があると思えないタイプの人であれば自分磨きに打ち込み、もっと自分を好きになる努力をすることをおすすめします。

ヘアメイクを研究したり、ダイエットをしたり。外見だけでなく、資格を取得したりと内面を向上させるのも一つです。

「もっと幸せになれる恋愛があるはず。」そう思うことができれば、自然と既婚者との恋心が冷めていくでしょう。

ほかに好きな人を見つける

好きな気持ちにお別れをする一番の方法が、新しい恋愛を始めること。

目の前の人だけでなく、ほかの人にも目を向けてみましょう。

他の素敵な人と出会うことができて、元々好きだった既婚者よりも魅力的に感じればその気持ちはそこで終わりにすることができます。

さらに、幸せになれない恋愛をしていた自分を冷静にみて「何をしていたのだろう…」と夢から覚めることができるでしょう。

恋愛でついた傷は、新しい恋愛で癒すことができるはずですよ。

仕事を頑張る

既婚者に対する恋心で頭が占められているのであれば、その状況を打破するべく仕事に精を入れるのも一つの方法です。

恋愛と仕事は全く別物なように感じますが、何か熱中できるものがあれば頭の中で恋愛に占める割合が自然と減少します。

「あの人は今、家族といるのかな…」と考えていた時間も、仕事時間に切り替えれば辛いと感じる時間もないはず。

既婚者との恋愛に未来はなくとも、仕事の頑張りはあなたを決して裏切りません。

好きな人のことを考える余裕がないほど、仕事を頑張ってみましょう。

相手にきちんと想いを伝える

もし、相手への思いがあなたの完全な片思いで、まだ気持ちを伝えられていないのであれば、思い切って相手にきちんと想いを伝えてみましょう。

「好きだと口に出したら、余計に好きになってしまうのでは?」と思うかもしれません。

しかし、言葉に出して伝えることで相手がハッキリと「NO!」と断ってくれれば、無理にでも気持ちを終わらせることができるはずです。

 本来、既婚者である以上あなたの気持ちに応えられないのは当然のことですし、仮に不倫を提案されたのであればあなたとの関係もいつ終わるか分からないという恐怖と共に過ごさなければいけません。

伝えられたことで気持ちに整理をつけるという目的で気持ちを伝えてみましょう。

既婚者を好きになった人に関するQ&A

既婚者を好きになってしまったり、気になる人が既婚者だった人に関するQ&Aについて解説します。

  • 不倫はリスクが高い?
  • 男性・女性が惚れているサインは?

下記にて詳しくご紹介します。

不倫はリスクが高い?

あなたが一方的に既婚者に好意を持つのは自由ですが、相手が既婚者であればリスクが生じます。

しかし、その好意を相手も受け取り関係が始まってしまっては、その関係性は「不倫」に該当するからです。

あなたにとっては好きになってしまった人に妻・夫がいただけと思っているかもしれません。

しかし、不倫は法に触れる行為であり、万が一バレてしまった場合には下記をはじめとするさまざまなリスクが生じる覚悟が必要です。

  • 慰謝料を請求される
  • 社会的制裁を受ける
  • 家族や交友関係にヒビが入る

さらに、不倫の先に幸せな未来は待っていないことを考えると、早いタイミングで離れるのが賢明と言えるでしょう。

男性・女性が惚れているサインは?

既婚者を愛している人は「相手が自分をどう思っているのか知りたい」と思っているかもしれません。

以下のサインが見られたら、あなたに惚れている(脈あり)の可能性が高いです。

  • 質問が多い
  • 頻繁に目が合う
  • ボディタッチが多い
  • 会話の頻度が多い
  • あなたが口にしたことをよく覚えている

相手の気持ちを知るためには、自分に向けた態度や行動をよく見ること。

ただし、仮に相手もあなたに対して好意があったとしても、既婚者であることに変わりはありません。

幸せや喜びは一時で、結局は家庭を持ち自分のものにはならない人との恋愛を始めることにメリットはあるかどうか冷静に考えてみてください。

まとめ

既婚者を好きになる人の特徴と好きになったときの対処法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

一般的に、人を好きになることで幸せや楽しみを感じるものですが、既婚者との恋愛は辛く悲しい恋になる未来が想像できます。

間に合うのであれば、苦しい恋は一秒でも早く終わらせて自分の幸せや充実を求めて行動しましょう。

あるいは、恋愛以外にもお互いを分かり合えるセカンドパートナーの関係も視野に入れてみてはいかがでしょうか。