「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

結婚という人生の大きな転機において、「嫁・姑」の関係は新たに形成されます。この関係性は、それまで全くの他人だった二人が、一つの家族として結びつく過程で生じるものであり、お姑さんとお嫁さんが互いに良好な関係を築くことは、しばしば容易ではない課題となります。コミュニケーションの難しさから生じるストレスが積み重なることは少なくありません。そのため、この記事では、嫁・姑関係におけるストレスを効果的に回避し、またすでに存在するストレスを解消するためのアプローチを提案します。家族間の人間関係を改善し、より調和の取れた生活を目指す皆様にとって、役立つ情報を提供することを目指しています。

嫁・姑の関係はストレスになりやすい

同居に伴うストレス

最初に、嫁と姑の間でストレスが溜まりやすい状況について解説します。特に一般的なのは、同居に伴うストレスでしょう。家族とはいえ、元々は赤の他人だった嫁と姑が、同じ屋根の下で生活を共にすることになると、それぞれが異なる環境で育ち、異なる価値観を身につけてきたため、価値観の相違や性格の違いから、日常的に互いの言動に対してイライラや不満を感じることが増えます。これらの不満が一過性であれば問題は少ないですが、同居が長期にわたる場合、毎日のようにストレスを感じることになりかねず、これが放置されると嫁・姑の関係は次第に悪化する可能性があります。

同居してなくてもストレスがある場合も

さらに、同居していない場合でも、嫁と姑の関係から生じるストレスは存在します。例えば、年末年始やお盆などの帰省時、電話でのコミュニケーションなど、特定の機会においてトラブルが発生したり、不快な出来事が起こったりすることがあります。これらの状況も、嫁と姑の間のストレスの一因となり、関係の悪化を招くことがあるのです。

“姑ストレス”でもラクになる方法

すれ違いが生じやすい状況であっても、嫁にとって姑は愛する夫の母親であり、姑にとって嫁は大切な息子の配偶者という関係に変わりはありません。お互いが、できるだけストレスなく穏やかに過ごすことを願うのは自然なことでしょう。そこで、嫁・姑関係のストレスを上手に回避し、また既に発生してしまったストレスを解消するための方法をいくつか紹介します。

外に出る機会を増やす

特に同居している場合におすすめしたいのは、外出する機会を意識的に増やすことです。物理的に距離を置くことで、互いにストレスを感じることが少なくなります。「買い物に行く」「銀行の用事がある」「子供と公園で遊ぶ」など、さまざまな理由をつけて外出し、外の空気を吸うだけで、心がリフレッシュされ、日々の小さなイライラにも寛容になれるかもしれません。

深入りしない・期待を持たない

相手との関わり方においては、相手の問題に深入りせず、適度な距離感を保つことを心がけましょう。家族とはいえ、互いに異なる意見を押し通そうとすると、不和が生じることがあります。異なる見解があっても、全力で対立することなく、適切な時には譲歩することの大切さを理解しましょう。また、相手に対して「ああしてほしい、こうしてほしい」と期待を抱かず、相手をそのまま受け入れることで、互いの関係をより良いものに変えるきっかけとなります。

相手を理解しようとする

「嫁・姑トラブルは避けられない」と簡単に諦めるのではなく、相手を深く理解しようとする努力をしましょう。相手の行動の背後にある意図を読み取ろうとすることで、見えてくるものがあります。「なぜ彼女はこのような行動をとるのか?」と、相手の視点に立って考えることで、予想外の理解が得られることもあります。

さらに、相手を好きになろうと心がけることも一つの方法です。確かに、これは簡単なことではありませんが、そのような積極的な姿勢が徐々に関係性を改善していきます。日々の言動が変わり始め、その変化は間違いなく相手にも伝わります。

溜まりに溜まった「姑ストレス」の効果的な解消法

最終的に、既に抱えてしまったストレスを解消するための手法を4つご提案します。過剰なストレスは、心だけでなく身体にも負担をもたらすことがあるため、早期に対処することが重要です。

身近な人との対話

日常のストレスや悩みを、友人や家族など、信頼できる身近な人と共有することが効果的です。親しい人との会話は、思考を整理し、心の負担を軽減するための素晴らしい方法です。たとえば、愚痴をこぼしたり、悩みを相談したりすることで、問題が意外と大したことなかったり、解決策が見つかったりすることがあります。また、相手から客観的なアドバイスを受け取ることで、気持ちが軽くなる可能性があります。

休息の重要性

ストレスを抱えている時期には、適切な休息をとることが非常に大切です。身体が疲れている時、人は否定的な思考に陥りやすく、問題を過大評価してしまいがちです。そうならないためにも、まずは身体を十分に休めることが重要です。睡眠時間を増やす、美味しい食事を楽しむなど、身体をいたわる行動を心がけましょう。

趣味への没頭

ただ休むだけでなく、趣味や楽しい活動に積極的に取り組むことも、ストレスの解消に役立ちます。読書、絵を描く、運動など、心から楽しめることに時間を割くことで、日々のストレスから距離を置くことができます。日常生活で趣味の時間を見つけることが難しい場合でも、日々のスケジュールに趣味の時間を組み込むことを試みてみてください。

リラクゼーションの実践

また、マッサージやアロマセラピーといったリラクゼーション法を試すことも、ストレス解消に有効です。身体の緊張をほぐすことで、心の緊張も解けていきます。忙しい中でも、全身に力を入れた後に急に力を抜く、深呼吸を繰り返すといった簡単なリラクゼーション法から始めてみることをお勧めします。

セカンドパートナーを見つける

セカンドパートナーとは、主要なパートナーシップの外において、精神的な支えや感情的なつながりを提供する人のことを指します。この関係は、伝統的な結婚生活の枠組みにとらわれず、個人の幸福や満足を追求するための一つの手段として捉えられます。

セカンドパートナーを持つことで、嫁は姑との関係におけるストレスから一時的にでも逃れることができます。セカンドパートナーとの関係は、嫁に新たな視点をもたらし、感情的な支えとなり得ます。また、セカンドパートナーと共有する時間は、嫁自身がリラックスし、自分自身を再発見する機会となります。このような関係性は、姑との関係によるストレスを軽減し、精神的なバランスを保つ助けとなるでしょう。

真のセカンドパートナーを見つけるための既婚者専用マッチングアプリも登場しています。このような手軽な出会いのツールを使うことも検討して見ましょう。詳しくはこちら。

まとめ

元々が赤の他人であるという背景があるために、嫁と姑の関係は、しばしば複雑で緊張したものとなりがちです。しかしながら、互いにストレスを感じることなく、相互に満足のいく良好な関係を維持するためには、取り組むべき対策がいくつか存在します。相手とのコミュニケーションの取り方や、同居している場合の日常生活のアプローチなど、工夫することで関係性の改善が期待できます。それにもかかわらず、ストレスが蓄積してしまうことがあれば、状況を変えるために積極的に行動を起こすことが推奨されます。しかし、どれだけ努力しても、日常生活の中で避けられないストレスが発生することは避けられません。そのような時には、信頼できる人と話をする、十分な休息をとる、セカンドパートナーに頼るなどして、ストレスを溜め込まずに迅速に対処することが大切です。