「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!

離婚が引き起こすストレスは、人が人生で経験する中で最も強いストレスの一つとして上位にランクされています。日本の状況を見ると、離婚を経験した人々の約17%が、離婚の後遺症として心の病を患ってしまっているという報告があります。このように、離婚が原因でうつ病に陥ってしまうほどの重大な影響を受ける場合も少なくありません。

離婚が引き起こすストレス非常は非常に大きい

人生を通じて直面する様々なストレスの中で、最も心に大きな影響を与えるもののランキングを見ると、首位に「配偶者の死」が挙げられ、続いて「離婚」という事象が2位に位置しています。これは、離婚が引き起こすストレスが非常に大きいことを示しています。

海外で行われた研究によると、離婚を経験することでストレスを感じる人々は、その結果として免疫力が低下しやすくなり、病気にかかりやすくなるだけでなく、注意力の散漫が原因で事故に遭遇する確率も高まることが明らかにされています。これらの事実から、離婚が人々の心身に与える影響の大きさが伺えます。

離婚が引き起こすストレスの理由

離婚がもたらすストレスには、以下のような心理的要因が関係しています。

  • パートナーへの怒り: 結婚生活が破綻する過程で、パートナーに対して強い怒りを感じることがあります。
  • 孤独感: 離婚後、一人で生活をしていくことへの圧倒的なプレッシャーが心を重くします。
  • 経済的不安: 生活の基盤が揺らぎ、経済的な将来への不安がつのります。
  • 敗北感: 結婚相手の選択を誤ったと感じることで、深い敗北感にさいなまれます。
  • 世間体への心配: 社会的な評価を気にして、離婚に踏み切ることへの躊躇が生じます。
  • 手続きの不安: 離婚手続きの複雑さや将来への不確実性がストレス源となります。
  • 期待の裏切り: 理想と現実のギャップに失望します。
  • 子供への罪悪感: 子供への影響を考えると、心苦しさが募ります。
  • 家族関係の崩壊: 築き上げた家庭が崩れることへの悲しみや失望感が溢れます。

これらの感情—悲しみ、罪悪感、自責の念、自信の喪失など—が、離婚によるストレスの要因となります。

離婚後に感じる精神的なダメージは、多くの場合、半年から一年ほどで回復することが期待されますが、中にはその苦痛が原因でうつ病に陥ってしまう人もいます。

うつ病の症状と改善方法

人生を通じて、およそ17%の人々がうつ病になるとされています。うつ病は決して珍しい疾患ではなく、早期に適切な治療を受けることで、仕事や日常生活への影響を最小限に抑えることができます。うつ病を放置してしまうと、仕事や生活に深刻な支障をきたすリスクがあるため、症状を感じたら迅速に治療を始めることが推奨されます。

うつ病にかかると、様々な身体的症状が現れ始めます。これには、常に疲れやすい状態、睡眠障害、食欲の減少、思考力や記憶力の低下、自殺を考えるほどの強い絶望感、生きることへの苦痛、無気力などが含まれます。これらの症状が現れたとき、うつ病を放置せず、できるだけ早く対処することが肝心です。

うつ病を放置することは最も避けるべき行為であり、長期間治療せずにいると、元の健康状態を取り戻すのが一層難しくなってしまいます。精神的な症状に対しては、運動を取り入れることで改善が見られることもあります。例えば、ジョギングのような単調な運動は、気分を改善し、落ち込んだ気持ちを払拭する効果があることが知られています。

もし、軽い運動をしても気分が晴れない場合には、医療機関への相談が適切です。薬物治療やカウンセリングを通じて、うつ病の症状を改善できる可能性があります。早期の治療開始は、うつ病の回復に大きな影響を及ぼしますので、症状を感じたらすぐに専門家の助けを求めましょう。

離婚と鬱(うつ)

離婚は、人生を通じて遭遇する数々のストレスの中でも、しばしば最も重大なストレス源として上位に挙げられます。この重大なストレスは、自律神経のバランスを崩す原因となり、不眠症やうつ病といった精神的な疾患に陥るリスクを高めることがあります。

特に注目すべきは、離婚後に何らかの精神的な疾患を抱える人の比率が40%にも上り、そのうち実際に心療内科を受診する人の比率が42%にもなるという事実です。これは、離婚を経験した人々の約17%が、心の健康に深刻な問題を抱えていることを意味しています!

多くの人が、「幸せになれる!」と願いを込めて結婚しますが、離婚という結果が、予期せぬ心のバランスの崩れを引き起こす要因となることもあるのです。結婚当初には想像もしていなかったような事態に直面することは、非常に大きなショックとなるでしょう。

しかし、心のあり方に関して言えば、容易ではないものの、「離婚なんて大した問題ではない」というような楽観的な心持ちでいることが、人生をよりスムーズに、そして前向きに進めるための鍵となります。離婚を経験しても、健康を守りながら、新たな未来に向けてポジティブなスタートを切ることができれば素晴らしいことです。

もし離婚で鬱(うつ)になってしまったら…

離婚を経験した後に直面するストレスやうつ病という重荷を軽減し、可能な限り解消するための対策は多々存在します。以下に、そのような状況を乗り越えるための3つの有効な方法をご紹介しますので、ぜひ試してみてください。

離婚カウンセリングを活用する

様々なストレス解消法を試みたものの、心の重さがなかなか晴れない場合は、離婚に特化したカウンセリングを受けることを検討してみましょう。離婚に関する専門家のカウンセリングを受けることで、自分の抱えるストレスを具体的に話し、心の負担を軽くすることができます。NPOや自治体が提供する離婚後のカウンセリングサービスもあるため、利用してみると良いでしょう。

新たな挑戦を始める

自分の環境を変えることで、気持ちも新たにし、うつ病を克服するための大きな一歩を踏み出すことができます。新しい趣味や活動にチャレンジしてみることで、心のリフレッシュが期待できます。例えば、思い切って長期旅行に出かける、温泉やエステサロンでリラックスする時間を過ごすなど、心と体を癒やす活動を取り入れてみましょう。新しい恋愛に焦って飛び込むのではなく、まずは自分自身の好きなことに没頭し、心が落ち着くのを待つことが大切です。

思い切り泣いて心を浄化する

泣くことは、精神的なストレスを減らし、心をスッキリさせる効果があるため、ストレスが溜まった時には遠慮なく泣いてみると良いでしょう。涙を流すことで心の浄化作用が働き、感情の解放が促されます。悲しみやイライラが積もっている場合は、それらを抑え込むことなく、思う存分泣いて感情を爆発させることで、心の整理を図りましょう。

離婚をうまく避ける選択肢もある:オープンマリッジとセカンドパートナー

離婚は多くの人にとって避けたい選択肢であり、夫婦間の問題を解決するためには他にも方法があるという認識が広まっています。特に、夫婦関係の在り方に革新的なアプローチを取り入れることで、結婚生活を維持しつつ、個々の幸福を追求する道も考えられます。その代表的な形が、オープンマリッジの導入やセカンドパートナーの存在です。

オープンマリッジとは

オープンマリッジとは、夫婦が相互の合意のもとで他の人との恋愛や性的な関係を許容する結婚の形態です。このシステムは、伝統的な結婚生活が一方または双方のパートナーに合わないと感じる場合に、関係を維持しつつ個人の自由を尊重する選択肢として注目されています。オープンマリッジは、結婚生活に新たな風を吹き込み、夫婦間の信頼を深めることができるとも言われています。

セカンドパートナーの役割

一方、セカンドパートナーを持つという選択は、夫婦関係において特定のニーズや欲求を満たすためのものです。例えば、夫婦間で性的な相性が合わない、または趣味や関心の違いが大きい場合に、それらを補い合う形でセカンドパートナーを持つことがあります。セカンドパートナーは、主要な関係性に影響を与えることなく、個々の幸福や満足を追求するためのサポート役となり得ます。

真のセカンドパートナーを見つけるなら既婚者専用のマッチングアプリを検討して見ましょう。詳しくはこちら。

選択肢の利点と課題

オープンマリッジやセカンドパートナーを選択することの利点は、夫婦それぞれのニーズに柔軟に対応できることにあります。このような関係性は、個人の自由と成長を促し、時には結婚生活をより豊かなものにする可能性があります。しかし、この選択を成功させるには、夫婦間の深い信頼関係と、ルールや境界線に関する明確な合意が必要です。

まとめ

ある研究によると、人生で経験するストレスの中で、離婚が2位に位置づけられており、これは離婚によって引き起こされるストレスの程度が非常に深刻であることを示しています。特に、日本では離婚を経験した100人中約17人が、離婚後に精神的な疾患を抱える状況にあります。これは、離婚が個人の心に与える影響の大きさを物語っています。

幸いにも、離婚カウンセリングサービスのように、離婚後のストレスに対処するための支援が存在しています。離婚によるストレスを感じる場合、一人でその重荷を背負い込むのではなく、専門家に相談する、友人や家族に心の内を話すことで、その負担を軽減することが可能です。また、新たな趣味や活動にチャレンジすることで気分転換を図り、心のリフレッシュを試みることも有益です。

さらに、伝統的な結婚生活にとらわれないオープンマリッジの導入や、セカンドパートナーを見つけることによって、離婚を避けるという選択肢も存在します。これらの方法は、夫婦関係の中で生じる問題に対して柔軟に対応し、関係を維持する新たなアプローチを提供します。結局のところ、離婚によるストレスを適切に管理し、自身の幸福を追求する方法は人それぞれであり、様々な選択肢を探求することが重要です。

「離婚」や「我慢」だけじゃない、
セカンドパートナーという第3の選択肢をAnemoneで。
※満足度はβ版ユーザー117名を対象に調査したデータ
※男性は事前登録で3ヶ月分(16,440円分)が無料
Anemoneの特徴
  • 詳細フィルター・レコメンドで実現した高いマッチング率
  • 真剣な出会いを提供するのがAnemoneのポリシー
  • 操作はAIがおすすめする人をいいねするだけ
  • ほかを凌駕する圧倒的コストパフォーマンス
  • 不審なユーザー・業者は徹底して排除
\8/1(木)リリース予定!/
無料登録はこちら
リリース前の登録で3ヶ月(16,440円分)無料で利用できる!